TEL

アキレス腱炎

アキレス腱炎も我慢することなくできるだけ早目に横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までご相談ください

アキレス腱炎は運動や日常生活でアキレス腱に負担をかけ続けることで起こりますが、特に普段あまり運動をしない方が急に運動をはじめるとアキレス腱炎になりやすいので注意が必要です。アキレス腱が炎症を起こしているため、痛みや違和感などの症状がなくなるまで安静にしておくことが早期回復への近道となります。中には無理をして運動を続けて症状が慢性化している方も見られますが、治りが遅くなるだけでなくアキレス腱の断裂を起こしてしまう可能性もありますので無理は禁物といえます。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではお一人おひとりの症状やお身体の状態、その時々の回復状況などを考慮しながら症状の根本改善を目指していきますので、慢性化してしまったアキレス腱炎も安心してご相談ください。

アキレス腱炎はスポーツ障害の症状としても知られていますが、ランニングやジャンプなどの動作を繰り返す競技をしている方に多くみられる傾向にあります。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではスポーツ障害へのご対応も得意分野で、国家資格を取得している専門知識も豊富な施術師が、安全・安心の施術でサポートしております。アキレス腱炎の改善だけでなく、パフォーマンス向上のためのアドバイスについても行ないますので、お身体のことで気になることがありましたら横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までお気軽にご相談ください。

 

アキレス腱炎とは?

「アキレス腱」の画像検索結果

言葉の通りアキレス腱に起きた炎症のことです。

ふくらはぎがかかとに着く場所から上に約2〜6cmの部分に腫れ、圧痛(押されて痛む)が出ます。

ふくらはぎの筋肉がアキレス腱を引っ張りアキレス腱にダメージが加わり強い痛みが出てきます。

アキレス腱炎はスポーツなどによる使いすぎ(オーバーユース)によるスポーツ障害の一つです。

繰り返し使う事でストレスがかかりアキレス腱に細かな部分的な断裂や瘢痕化が生じてしまい、腱の変性が起きてしまいます。

 

アキレス腱炎での悩みの方へ

 

アキレス腱炎のような症状で悩んでいる方歩くだけで嫌な感じまたは痛みがありませんか?

アキレス腱炎を発症してしまうと足を動かすだけで痛みが出たりしていまい日常生活に張り合いがなくなってしまいますね。運動、スポーツをしている人は痛みで思ったように動けなくありませんか?指導者の人に相談しても我慢しろと言われた、相談すらできないで我慢して頑張っている人はいませんか?

このような人が我慢をしていると痛みが慢性化してしまったり、組織が瘢痕化してしまい元に戻らなくなってしまうのです。そうなる前にちゃんと治療しましょう。

 

アキレス腱炎の症状

アキレス腱炎はアキレス腱断裂よりも症状は軽いですが繰り返し発生してしまいます。アキレス腱炎はアキレス腱断裂と比べると頻繁に起こりやすいのです。

アキレス腱炎の主症状は歩行したり走ったりするときに痛くなる

アキレス腱が腫れている、赤くなっている

アキレス腱を伸ばす運動をすると痛みが強くなる

踵の皮膚を触れると普段より熱くなっている

 

アキレス腱炎の原因

「アキレス腱炎」の画像検索結果

加齢による腱の変性がベースにあり中高年の市民ランナーやウォーキングをしている人に多く発症すると言われています。しかしここ数年の健康ブームにより若い方の市民ランナーやウォーキングをしている方のアキレス腱炎も増えてきています。

それと使いすぎが原因でよく運動をする方に多く発症していいたり、間違ったトレーニング方法を続けていることも原因となります。

スポーツ性質上、よく使う事が多いアキレス腱は細かな断裂と再生を繰り返しています。細かな断裂がおこるのがアキレス腱炎の原因となります。

他には靴のサイズが合っていない、足の形にあっていないなど扁平足の足の変形も原因となります。

これらの原因から考えられるのはふくらはぎの筋肉の硬さが大きく関わっているのです。アキレス腱炎はかかとに着く腱が繰り返し引っ張られて炎症が起きて痛みが出るのです。ふくらはぎの柔軟性の低下することで腱への負担が増えるのです。

 

 

アキレス腱炎治るの?

アキレス腱炎は治らない怪我ではないですよ。

しっかりと適切な治療をしていけば必ず良くなります。

 

アキレス腱炎を繰り返し起こしてしまっている場合は慢性化し治るまでに時間がかかる場合もありますが必ず良くなります。

 

あくまでも目安ですが治療開始から1週間〜2週間ほどで症状は改善してくるでしょう。その後ふくらはぎばかり治療するだけでは不十分なのでアキレス腱の炎症を起こしている原因を根本から治療する必要があります。

 

アキレス腱炎の予防

アキレス腱炎を事前に予防する方法をいくつかお伝えしていきます。

ストレッチ

アキレス腱炎のリスクを少なくするためにはふくらはぎのストレッチを行います。

運動前のストレッチを行うと怪我をする可能性が少なくなります。

ストレッチを行って痛みが出た場合は医療機関でしっかりと見てもらいましょう

「ふくらはぎ ストレッチ」の画像検索結果

アイシング

運動後や日常生活で長時間の歩行をしたなど足を酷使した時はアイシングをして炎症を抑えましょう。

アイシングは氷嚢(袋に氷と水を入れる)0℃以下のものを使うと凍傷の可能性があるので要注意です。この時袋に空気が残らないように気をつけてください、ちゃんと体に密着しなくなってしまいます。

時間は大体10分〜15分が目安です。

「アイシング スポーツ」の画像検索結果

靴選び

日常生活で歩いたり、走ったりするだけでもふくらはぎや、アキレス腱に負担がかかります。それを軽減するには、常に適切な靴を履く事が大切です。

靴を新しいものに変えたり、インソールを変えてみるのも良いでしょう。

 

「靴」の画像検索結果

アキレス腱炎でお悩みなら横浜市青葉区のながよし整骨院へ

横浜市青葉区藤が丘にあるながよし整骨院では、アキレス腱炎に対する治療も行っています。炎症部分だけでなく、どうしてアキレス腱に対して負担がかかってしまっているのか、炎症の原因をしっかりと突き止めて根本の原因から解決していきます。

アキレスけんは日常生活の何気ない動作でも良くつかっていて、何かしら負担㋔かかっているところです。

症状が悪化するよりも前に、怪しいと思ったら早急に治療を開始するのが望ましでしょう。