TEL

ぎっくり腰なら横浜市青葉区の腰痛名人へ!!

ぎっくり腰をくり返さない身体づくりは横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院におまかせください

ぎっくり腰を経験した方はお分かりかと思いますが、一度発症すると繰り返し起こることが多い症状の一つで、「魔女の一撃」と言われているほど激しい痛みで身動きも取れなくなってしまいます。

痛みがでていない場合でも何となく腰に違和感が残っている感覚で、日常生活でのちょっとした動きでも無意識に腰をかばってしまうことが多くなってしまいます。

横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではぎっくり腰への施術も得意とし、早期回復と再発させないための丈夫な身体づくりもサポートしております。国家資格を取得している「身体の専門家」だからこそできる丁寧なご対応と、根本原因からの改善を目指した施術を心がけておりますので、どうぞ安心しておまかせください。

ぎっくり腰が引き起こる原因は人それぞれに違いがありますが、その根本原因を追究していくと身体のゆがみや関節のズレが関係していることも珍しくはありません。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではお一人おひとりのお身体の状態をしっかりと見極めて、本当に必要な施術だけをご提案いたします。

 

施術内容を分かりやすくご説明し、ご納得をいただいてから進めてまいりますので、ご不明点や心配な点などありましたらご遠慮なくお伝えください。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院の施術は、お身体い負担のすくないソフトな施術となっておりますので、痛みや刺激には弱いという方もまずは一度お気軽にご相談ください。

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰とは「急性腰痛」の総称で、何か荷物を持ち上げたり、中腰で姿勢を変えるときなどに腰に「グキ」と音がして、そこから激しい痛みと炎症が起こり、ひどい時には全く動けなくなってしまうこともあるほど、症状が出てしまうことがあります。

 

受傷直後は平気でも、次の日などに急激に悪化することもありますし、全く前兆なく朝起きたら動けなくなっていたという方もいらっしゃいます。ぎっくり腰とはそのような急に腰に異常が起こり、身動きに支障が出るほどの腰痛が出てしまうものなのです。

 

前触れなく急に発症することから、「魔女の一撃」と呼ばれることもあります。

こんな症状が出たらぎっくり腰かも

こんな症状が出始めたら、ぎっくり腰の前兆、もしくはぎっくり腰になってしまっている可能性上がります。

①常に腰や背中に張ってるような感じがある

ぎっくり腰になる前兆症状で、常に背中に対してハリ感があったり、筋肉がつったような症状が出ることがあります。これはぎっくり腰になる直前、腰回りの筋肉に対して疲労が蓄積しすぎてカチカチに固まってしまっているために起こります。

 

この段階であれば、まだ対処すればぎっくり腰を未然に防ぐことができます。発症してしまう前に治療をしたほうが確実に経過は早きよくなります。

②腰に力が入らない感覚がある

これはギックリ腰になってしまった時によく起こる症状です。寝返りを打ったり、前にかがんだり、ちょっとした姿勢を変える動作でも腰に力が入らず、思うように動けなくなてしまうことがよくあります。

 

これは筋肉が完全に緊張仕切ってしまい、いつものように伸び縮みできなくなってしまっているために起こります。

 

筋肉が疲労の蓄積によって緊張仕切っているのか、もしくはつってしまっているのか、痛みのために力が入って抜けなくなってしまっているのか、その原因は人によりさまざまですが、発症してから早めに対処すると比較的改善しやすいでしょう。

③寝返りや立ち上がりなどで腰が痛く、スムーズにできない

腰が痛いため、日常のちょっとすた動作ですらなかなかできなくなります。普段は何も考えなくてもスムーズにできる動作が、ゆっくり、楽な方向を探しながらでないとできなほど痛みを伴うことがあります。

 

普段は一瞬でできる動作が、ぎっくり腰になると数分かけて行うほどになります。ぎっくり腰の治療は早めに行いたいですね。

ぎっくり腰の原因って何?

ぎっくり腰はいわゆる「急性腰痛」の総称で、急に発症して強い痛みと運動制限を伴うものを言います。その原因や病態は様々で、病院などで検査をしてもはっきりと原因のわからなかったものに対して「ギックリ腰」という診断名がつくこともあります。

 

まだはっきりと原因が解明されていない急性腰痛ですが、ぎっくり腰の原因と考えられるのは以下のものです。

①腰椎椎間板ヘルニア

前かがみの動作や中腰姿勢を取った際に、急激に腰の椎間板にストレスが加わり、ヘルニアが発症することでぎっくり腰になることがあります。

 

ヘルニアになってしまったら、腰の痛みだけではなく足のしびれも症状として伴う可能性があります。

②腰の関節の炎症

腰の骨は細かい骨が集まっていて、それがたくさんの組織によって保護されて安定しているところです。関節に何かしらの異常な力が加わり、この関節の周りの組織を負傷してしまうことでぎっくり腰の症状が出てしまうことがあります。

③腰の筋肉、筋膜の炎症

腰の筋肉は常に上半身を支えるために、緊張していて、リラックスすることがあまり無いところです。そのため、疲れが蓄積してしまうことで、ある時突然炎症とともに強痛みを引き起こすことがあります。

④内臓の冷え

以外と見落としがちなのが内臓の冷えからくるぎっくり腰です。体に水分が足りていなかったり、血液の流れが悪いと、関連する筋肉に常に緊張が起こります。特に暑い時期に冷たいものを飲むようになったり、宴会シーズンでお酒などを良く飲まなくてはいけなくなった時に発症しやすくなります。

⑤圧迫骨折

尻もちをついた時に、腰の骨を骨折してしまうことがあります。主に高齢者の方に多く起こりますが、稀に若い方でもおこてしまうので、尻もちをついた後にぎっくり腰のような症状が出たら注意が必要です。

ぎっくり腰になってしまったらどうする?

基本的にぎっくり腰になってしまったら、安静にするよりも出来る範囲で日常生活を普通に送った方が経過が良く、早く復帰できるとされています。しかし、発症直後は全く動けないことも多く、そのような場合は水分を良く摂り(できれば白湯など温かいもの)、お腹を温めてあげるなど体の冷えをとって、ベッドの中で少しずつ動く練習を始めるのがいいでしょう。

 

しかし、もしぎっくり腰になってしまったときはご自身でなんとかしようとするよりも、専門家の元で治療を受けるのが望ましいです。

 

もしぎっくり腰でお困りのさいは横浜市青葉区・緑区・都筑区のながよし整骨院にご相談ください。