TEL

ヘルニア

ヘルニアの改善も目指せる横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院にまずはご相談ください

ヘルニアには様々なタイプの症状がありますが、横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院では椎間板ヘルニアへのご対応が可能となっております。ヘルニアは整形外科で治療を受けているという方も多いと思いますが、なかなか症状が改善されない場合には手術をすすめられるケースがほとんどです。しかし実際には、いま出ている痛みがヘルニア以外の痛みであることも多く手術をしても再発する場合が多く見られます。レントゲン検査ではヘルニア特有の症状が映っていない場合でも、あらわれている症状がヘルニアと同じだからという理由で診断される場合も珍しくはないようです。

横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院では、できる限り手術をすることなくヘルニアの改善を目指せるようお一人おひとりに丁寧な問診とカウンセリングを行ない、施術で改善を目指すことができるのかをしっかりと見極めてご対応いたします。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院では国家資格を取得している経験豊富な施術師が、問診も施術もご対応しておりますので、どうぞ安心しておまかせください。

 

腰部椎間板ヘルニアとはどんな病気なのか?

関連画像

昔はヘルニアとは腰椎という骨と骨の間に入っている椎間板というクッションが何らかの原因で割れてしまい、中から飛び出た髄核と呼ばれる物質が神経を圧迫してしまうことで、激しい腰痛や足の痛み、神経症状などを引き起こしてしまう病気だと考えられていました。

現在は医学も進み、ヘルニアに対して様々な実験や報告がされてきているため、単純に腰で神経が圧迫されていることだけが原因ではないとされています。それについては後述していきます。

腰部椎間板ヘルニアでは神経症状が強い場合は足に力が入らなくなってしまったり、感覚がなくなってしまうというような重篤な神経症状を来たすこともあります。

腰部椎間板ヘルニアの影響で、背骨が横に歪んできて側弯症という状態になったり、前かがみが出来ないほど痛みがつよくなることがあります。

腰部椎間板ヘルニアの原因とは?

多くは椎間板が変性し、乾いたお持ちのように固く脆くなってしまったところに、腰を曲げたり。重いものを持ったりした時のストレスで椎間板が割れてしまい、髄核が飛び出してしまうことで発症することが多いといわれています。

椎間板が変性を起こして固くなってしまうのにはいくつか原因があります。

①老化による変性

「腰痛 老人」の画像検索結果

ヘルニアは若い年齢の世代よりも、中高年以上の世代に多く発症します。これは老化によって椎間板が弱くなってしまい、椎間板が割れやすくなってしまいます。

②腰に負担をかけ続けている

「腰痛 仕事」の画像検索結果

お仕事などで重いものを持つ習慣がある、特殊な姿勢で仕事をしていて常に腰に対して負担がかかり続けているなどの原因で、椎間板に対して常にストレスが加わっていると、変性を起こしやすくなります。

③水分不足

「水分」の画像検索結果

椎間板の成分は80%は水分です。普段から水分をとる習慣のない方は、椎間板が変性しやすくヘルニアの発祥のリスクも高くなってしまいます。

実は老化や負担をかけすぎて椎間板に変性が起こる際も、脱水が原因で変性が進行してしまうことがほとんどです。

近年の腰部椎間板ヘルニアに対する新しい見解

上記でヘルニアは椎間板から髄核が飛び出してしまい、それが神経を圧迫することで症状が起こるというお話をしました。しかし、この見解は実はとても古く、現在では髄核が直接神経を圧迫するほど激しいヘルニアはほとんどないとされています。これまで常識とされていたヘルニアの病態や検査方法も、見直されつつあるのです。

腰部椎間板ヘルニアは髄核の圧迫では起こらない?

「馬尾神経」の画像検索結果

上記にも記したように、椎間板から出る髄核が直接神経を圧迫するほどのヘルニアは実はほとんどありません。理由は以下の通りです。

成人の脊柱管は腰部で約2㎝あります。

脊髄の太さは約1㎝あります。

腰椎の一番目の高さから脊髄は馬尾神経という非常に細い神経となって枝分かれします。

神経自体は圧迫されただけでは神経症状を起こさないという報告があります。

以上のように、比較的ゆとりがあるせきちゅ間の中で数ミリ髄核が飛び出ただけでは、神経症状を来たすほどの圧迫が起こるとはかんがえにくいのです。さらに、腰椎の高さで脊髄は馬尾神経という非常に細くて繊維の細かい神経になります。

太さが約1㎝あった脊髄でさえ圧迫は起きにくいのに、馬尾神経のような太さ数ミリの神経がピンポイントで圧迫される可能性は低いと考えられています。

さらに神経圧迫の実験で、神経は圧迫されれただけだと電気信号に異常をきたさなかたっという実験結果があります。神経は牽引をうけたときにはじめて神経症状を来たしてしまうのです。

以上が近年明らかになってきているヘルニアの実態です。

腰部椎間板ヘルニアはレントゲンではわからない?

「ヘルニア レントゲン わからない」の画像検索結果

昔からヘルニアの検査といえばレントゲン写真が使われていましたが、実はレントゲン写真では正確にヘルニアの診断が行えないことがわかってきました。

なぜかというと

ヘルニアや腰痛の症状を全く持っていない方のレントゲンを診ると、なんと70%に変形やヘルニアがみられたということがわかりました。

逆に、ヘルニアの症状を持っている方でも、全く骨に異常がない場合があるということもわかってきており、必ずしもヘルニアの症状とレントゲンの骨の異常は一致しないという毛化になっています。

レントゲンで異常があったからヘルニアと安易に決めつけるのは疑問が残るのです。

腰部椎間板ヘルニアの治療法は?

これも昔とだいぶ考えが変わってきています。

というより、昔は普通に行われてきた治療が実は効果がなかったという結果になってしまったのです。

例えば

牽引治療は効果がない

腰のマッサージをしても長期的には効果がない

手術をしても5年で再発、もしくは保存療法を行った結果と同じ結果になる

といったものです。

ヘルニアの治療も従来の考えでは十分な成果が出ないということがわかってきており、見直す必要があるのです。

腰部椎間板ヘルニアになってしまったら「ながよし整骨院」へ

横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院では、腰部椎間板ヘルニアの専門治療も行っております。神経症状を伴った腰部椎間板ヘルニアや、手術を勧められたようなヘルニアの治療においても実績が多数あり、手術をしなくても改善に至った患者さまもいらっしゃいます。

これまで薬や牽引治療、マッサージや整体でも改善しなかった腰痛、腰部椎間板ヘルニアの治療は横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院にお任せください。