TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛の方は注意!!腰痛になった時にやってはいけない対処法

腰痛の方は注意!!腰痛になった時にやってはいけない対処法

2017.06.09 | Category: 未分類

腰痛になってしまった方がついやってしまうこと

当院に来院される患者さまのなかには

「昔は放っておいても勝手に良くなったから今回も勝手に治るとおもって」

「○○がいいって聞いたから、やってみましたがあまり良くなかった」

というように、ご自身で腰痛の状況を判断され何かしら対処法をして時には悪化して来院される方が多分にいらっしゃいます

患者さまが特にやってしまいがちな

実は危ないことをまとめてみました

1、時間が経つと痛みが引くと思い、ずっと我慢してしまう

これは特に、慢性的に痛みを感じている方や、腰痛歴が長い方

もしくは体力がありケガや過去の腰痛などが放っておいても治った経験のある方が多いと思われます

現在の腰痛治療は、特にギックリ腰の場合、お医者様でも安静は進めないところが増えてきています

かといって無理をさせることもないのですが

「自分の腰痛は何が原因でどのように対処すればいいのか?」

というのをご自身の経験則だけで判断し

我慢と無理を繰り返すと、いずれ激しい症状に発展する場合もあります

基本的には専門の先生の元に行き、指導を受ける方が比較的安全です

2、マッサージをしてもらう

基本的に腰痛は、腰の筋肉が固くなり痛みを感じるというのが多いパターンかと思います

しかし、確かに筋肉が固いのですが、ただ単にそれを揉み解すのが正しいかといわれると一概にはそうではありません

逆に痛みが増してしまうこともあるので注意が必要です

大事なのは

「なぜ腰の筋肉が固くなってしまったのか?」

というところです

腰の筋肉が固いということは、それだけ腰に負担がかかり続けていた

という意味でもあります

その原因を放っておいたまま腰の筋肉を執拗に揉み解そうとすると

かえって腰の筋肉の緊張を助長してしまうことがあるのです

3、シップや痛み止めの薬を使う

腰痛で病院にいくと、ほとんどの場合 処方されるのが

痛み止めの薬とシップです

これらはあくまで症状を緩和するためのもの

原因を取り除いて腰痛を根本から回復させてくれるわけではありません

痛み止めで痛みが和らいだから、また無理をしてしまう

という例も多くみてきました

またずっと長い間これらに頼っていると、依存してしまうという恐れもあります

治したくて飲んでいたつもりの薬が、これでは本末転倒です

薬に関しては、痛みの状態や生活のレベルにあわせて上手に付き合っていくのがいいと考えています

4、コルセットやサポーター

これも病院や治療院にいくと多くの場合着けるように指導されます

しかしこれらサポーターやコルセットは

本来あくまで「予防」の目的でつけるのが正しい使い方です

介護など中腰が続く仕事、重いものを持った理腰に負担のかかる時

腰を痛めないためにつけるのが本来の使い方です

腰にコルセットを巻いて、腰痛が治ったという例はかなり希少です

また常に巻いている癖がつくと、腰の筋肉を弱体化させる原因にもなります

まとめ

腰痛では症状により安静にする必要はないこともあるのですが

自己判断で悪化させる危険性もあるため

なるべく症状が出てきたら早く専門家の元で診てもらい、今後の指導を仰いだ方がいいです

無理をすると、後々症状が悪化することも考えられるためです