TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 病院に行く前にチェックしておきたい腰痛の原因についての話

病院に行く前にチェックしておきたい腰痛の原因についての話

2017.06.09 | Category: 未分類

腰痛は簡単には治らない!?

腰痛に対しどのようなイメージがありますか?

ケガをしたり、筋肉を使いすぎたり、ヘルニアなど骨や関節に異常があったり

実ははっきりと原因を特定できる腰痛は少ないのです

腰痛の原因

・骨や筋肉の障害による痛み

・神経の障害による痛み

・精神的・社会的ストレスによる痛み

・内臓由来の痛み

この四つの内一つもしくは複数の原因が関係して腰痛になるといわれています

1.骨や筋肉の障害による痛み

腰を構成するのは

腰椎(腰の骨)、靭帯、椎間板、筋肉

などが主ですが、これらを何かしらの原因で負傷してしまい痛みを出してしまう状態です

2.神経の障害による痛み(神経痛)

背骨の中を通る「脊髄」と呼ばれる太い神経や、「馬尾神経」と呼ばれる細かい枝分かれした神経に圧迫などストレスが加わってしびれや痛みが出てしまいます

病気によって発生することもありますが、ほとんどは腰の骨、椎間板、靭帯などの変形が原因となります

3.精神的ストレスによる痛み

近年の研究により、腰痛は心理的、社会的なストレスも関係しているということがわかってきました

精神的なストレスのある人は腰痛になりやすいということです

 

このような腰痛は年々増加してきており、関節や神経の腰痛と合わせて、複合的な原因で腰痛になっていると原因を特定するのが難しくなります。特に長年の慢性的な腰痛には精神的ストレスが関わっているケースが多く見受けられます。

4.内臓由来の痛み

消化器系や泌尿器系の疾患による腰痛もあります
だまていてもズキズキしたり、少しの振動で腰に響くような痛みが出たりします

レントゲンなど画像検査では原因が特定できないため、診断に困難をきたすこともあります

ほとんどが原因不明の「非特異的腰痛」

明らかな骨の変形や椎間板の変形で、筋肉の損傷があれば原因の断定はしやすいのですが、残念ながらはっきりと原因のわかる腰痛は少ないのが実際です

 

腰痛は多くの場合、レントゲン撮影やMRIなどの画像検査を行っても原因を突き止めることができません。このような原因のわからない腰痛が全体の85%を占めています。

このような原因のはっきりしない腰痛を医学的に「非特異的腰痛」といいます。これに対して、画像検査で骨の異常や神経圧迫などが見られる場合には「特異性腰痛」と呼ばれます

病院では「腰痛症」と診断されるものがこれにあたります

またはっきりした原因がわからないけど足などに痺れが出るものを「坐骨神経痛」と診断する場合が多いようです

ぎっくり腰でもレントゲンなど画像検査で原因がわからなければ「腰痛症」となります

なぜ原因がわからないのか?

腰痛に関してはまだ明確な原因がわからないものが多いのですが、これはなぜでしょか?

腰痛の原因と考えられる要素は上記にも挙げていますが、腰痛のやく90%が原因不明なのにはこの原因が複数混ざりあってしまい、単純な検査ではいくつもある原因を一気に特定するのは難しいためです

さらに腰は体の中心部にあり、疲れをため込みやすいところです

姿勢や歩き方、立ち方で腰に負担をかけ続ける癖があると腰痛になりやすくなります

そしてこのような日常生活のクセでなってしまう腰痛は検査などでは見つけるのが困難で、明確な原因の追究と診断を下すのが困難になります

また近年では精神的な要素も腰痛にかかわってきているということがわかってきました。脳の働きや精神的なストレスによる腰痛は、町の小さなクリニックや整形外科などにいっても検査のしようがないのも実際のところです