TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 意外と知られていない腰痛の原因!筋肉と骨格編

意外と知られていない腰痛の原因!筋肉と骨格編

2017.06.09 | Category: 未分類

横浜市青葉区の腰痛専門治療の永吉です

本日は筋肉や骨格から来る腰痛について解説をしていきたいとおもいます

腰痛の痛みの原因の一つは筋肉

基本的に、ほとんどの腰痛の直接的な原因は筋肉が痛みを出している考えています

前かがみになった時や、繰り返し腰に負担のかかる姿勢をした時

もしくは仕事などで重いものを持たなければいけなかった時など

純粋な筋肉の疲労の積み重ねが、腰の痛みにつながることが多くあります

そしてこの考え方は皆さんもご存知だと思います

筋肉による腰痛の特徴

・前かがみや後ろに沿った時など、特定のいつも動作をすると同じところが痛くなる

・長時間同じ姿勢をしているとだんだん痛みが強くなってくる

・朝起きると痛いが、歩いたり動いたりすると楽になる

・腰の筋肉を押したり揉んだりすると気持ち良い感じがある

などがあります

マッサージは危険なこともある

しかし、ここでついついやってしまいがちなのが

マッサージやストレッチなど筋肉に対してアプローチをしてしまうことです

多くの場合、筋肉が症状を出している腰痛ではマッサージはお勧めしません

それはなぜか?

当院に来院される患者様も多くが一度は他のマッサージ屋さんや治療院で腰のマッサージを受けていた

という方ばかりです

しかしその場は気持ちがいいけどすぐに痛みが戻ってしまう

場合によってはもみ返しなどで余計に悪化して辛い思いをすることも・・・

大切なのは、腰が痛いから腰を揉む

ではなく

「腰の筋肉がなぜ痛みを出すほど緊張してしまったのか?」

この原因を考えることに、腰痛を改善するカギがあります

よく例えとして使いますが

葉っぱ(症状)に栄養をあげて葉っぱの色は良くなりません

葉っぱの色を良くしたいのであれば根っこ(原因)を探してアプローチをかけるべきです

そうすることで無理な力でマッサージをしたり、体に負担をかけることなく症状の改善ができます

当院の考え方の基本としては

まず腰の筋肉が硬くなっているということは、それだけ腰に過度に負担をかけてしまっているということです

なぜ腰の筋肉に疲れがたまってしまうのか?

本来、背骨というのは首から腰まで繋がっていて

頚椎(首の骨) 7個

胸椎(背中の骨) 12個

腰椎(腰の骨) 5個

その下に骨盤があります

この骨には一つ一つ役割があります

まずよく言われる骨盤

骨盤はざっくり言うとクッションのような役割をしています

骨盤は仙骨という三角形の骨と、腸骨という翼のような骨で構成されていて

この関節の部分が動くことがわかっています(仙腸関節)

重いものを持った時や腰を動かした時など

腰の骨と一緒にこの骨盤の関節が動き、腰にかかる負担を減らしてくれているのです

つまり

この腰の骨と骨盤の骨の共同運動で、腰にかかる負担を分散し

腰に疲れがたまりにくくなっている

腰を守るための機能はもともと人間の体に備わっているんですね

しかしこの共同運動が破綻してしまうと恐ろしいことになります

何か重いものを持ち上げる時、2人で持つのと1人でもつのと、負担が全く違いますよね?

腰も同じで

腰と骨盤でお互いに支え合っていたものが、骨盤がうまく機能しなくなると

その分腰に極端に負担がかかることになるのです

この共同運動を取り戻すことが腰痛改善の第一歩となります