TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 【治療例】長年の腰痛を一発で解消した話

【治療例】長年の腰痛を一発で解消した話

2017.06.09 | Category: 腰痛

腰痛を解消した実例

腰痛の改善事例をお伝えする前に

そもそもどうして腰痛になるのか?

現代では日本人の8割が腰痛を経験すると言われている世の中です

これは様々な原因がありますが、ざっくりというと「生活習慣」の乱れからきます

どのような生活習慣から腰痛は来るのでしょう?

・運動不足

筋力の低下や全身の循環の低下、代謝の低下などにより腰痛になりやすい

・姿勢の悪化

仕事の姿勢や日常生活の姿勢のクセで腰に負担がかかり、腰痛になってしまう

・体質の悪化

代表的なところで言うと、冷え性やむくみ体質なども腰痛の原因の一つになります

・精神的ストレス

仕事や日常生活におけるストレスによって、しつこい痛みや慢性的な痛みになることがあります

・生活リズムの不定期化

仕事の都合による睡眠時間の不定期化や、食事の時間や質の変化

・ケガによる痛み

筋肉や関節を何らかの原因で痛めてしまった腰痛

など上げればきりがありません

腰痛って治るのか?

上記に挙げた原因は一例ですが、腰痛には必ず原因があります

原因をしっかりと追究し、そこに対して的確なアプローチをしていくと腰痛は時にスムーズに改善していきます

どうやったら腰痛は治るのか?

これも原因により変わります

・マッサージをして筋肉を緩める

・整体などで関節の動きをつけて姿勢を正す

・体質改善で冷えやむくみを治していく

・ケガなら炎症を治めるよう治療していく

実際に症状を改善した例

当院に来院されて治療を受けていただいた患者さまの一例を紹介していきます

60代 男性 慢性的な腰痛の例

運動はあまりせず、仕事の影響で、日常生活で慢性的に腰痛がある

整形外科に行ってレントゲン検査では特に明確な原因がみつからず、あきらめていたが症状が急激に悪化し来院

これまでマッサージや整体、病院で処方された湿布薬などで治療をしていたが症状が改善せず

その原因は『筋肉の固さ』でした

筋肉の「質」自体がかなりバリバリに張っていたため、マッサージなどを受けても

いつも「固い」、「ほぐれない」といわれていました

原因は筋肉の水分不足

これは筋肉のなかの水分が足りておらず、このような筋肉の状態でマッサージをしても十分な血液やリンパ液の循環が出来ず

結局、筋肉のなかに老廃物が滞った状態から変わらないまま、また緊張をしてしまう状態でした

この状態で筋肉をマッサージしたり、関節を無理に矯正をすると余計に筋肉に負担がかかり、筋肉は緊張してしまいます

解決策はズバリ「水を飲むこと!」

このような筋肉の状態では、一生懸命に筋肉に刺激を入れて揉みほぐそうとしたり、無理に歪みを整えたりしても返って体に負担になることがあります

筋肉がまずは緩みやすい状態になってくれるよう、しっかりと筋肉の中を流れる血液やリンパ液を流していく必要があります

そのために、まずは水をたくさん飲んでいただきます

水をしっかりと適切な量飲むだけで、筋肉の中の循環が良くなり、無駄な緊張やこわばりも抜けてくる方がとても多くいらっしゃいます

筋肉の質を改善して腰痛が改善

このかたの場合は特に、マッサージなどを受けても筋肉が反応しないほど緊張していたため、無理にほぐそうとするよりまず、筋肉の中に溜まっていた老廃物を流していくことを優先的に行いました

結果として循環が滞り、十分な酸素や栄養が入っていなかった筋肉の質が改善し、自然と痛みはすぐに抜けました

このかたの腰痛は、水分不足から筋肉が緊張してしまって酸素や栄養を十分に取り入れられなくなるほど循環が悪化してしまったために起こった、筋肉の緊張による腰痛でした

原因さえわかれば具体的な治療計画が立つ

上記にもお伝えしたように、腰痛には必ず原因があり

その原因は一般的な検査では確認しにくいことが殆どです

なぜなら腰痛は

写真に写らない、動きの中に原因があったり

検査に出ない、病気と言われる状態の手前の状態だったりすることが多くあります

原因を明確にすれば、腰痛はしっかりと解消することができるんです