TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰を反ると痛い!?腰痛の原因まとめ

腰を反ると痛い!?腰痛の原因まとめ

2017.06.09 | Category: 腰痛

反らせると痛い腰痛

前かがみで痛みが出る腰痛は、筋肉や椎間板に原因があることが多いとされていますが、逆に反る時に痛い腰痛は筋肉よりも関節や骨自体に以上があることが多いといわれています

下にまとめています

脊柱管狭窄症

背骨の中にある太い神経を通す「脊柱管」というところが狭くなり、背骨の中の神経を圧迫してしまっているために起こるものです

背骨の中にある靭帯や骨の形が変形することによっておきます

〈症状と特徴〉

・腰やおしりの痛み

・長い距離を歩くと痛くなってきて、座って休むと楽になる

・腰を反らせる姿勢が辛く、前かがみの姿勢が楽

・50歳以上の高齢者に多い

〈対処法〉

一般的には体を丸める体操やストレッチが推奨されています

あまりに症状がひどい場合はブロック注射や手術を勧められることもあります

しかし、実際は腰を丸めたり、手術をしても症状の改善につながらない事が多いのが現実です

病院で薬を飲んで症状を押さえつけたり、マッサージで無理に揉んだりして症状をごまかし続けていると、悪化してくる場合もあるため注意が必要です

腰椎分離症・すべり症

腰椎が骨折により分離したり、分離した部分が滑ってずれてしまう状態

〈特徴〉

腰の重さやだるさ

腰を反らせたときの痛み、

長時間立っているとき痛みがでる

スポーツをする10代の子供に良くみられる

こどもの場合は激しい運動により、中年以上の場合は老化によるものが多い

〈対処方〉

分離症・すべり症は病院や医療機関を受診すると

・コルセットの着用

・腹筋、背筋のトレーニング

・痛み止めの処方

などで経過を追っていくことが多いです

骨に異常があるため発症してしまうとセルフケアもしにくいです

予防の為のストレッチもありますが、これは後日お伝えしていきます

変形性腰椎症

背骨の骨が変形することで起きます

〈特徴〉

常に腰が重い、だるい、鈍い痛みを感じる

動き始めに痛みが出る

加齢に伴う骨の老化により起こる、40歳以上の男性に多い

変形した腰椎が周りの筋肉、靭帯、神経などを刺激して痛みが出てくる

〈対処法〉

他の腰痛と同様、病院などでは

・コルセット

・痛み止めやシップ

・腹筋背筋の筋力トレーニング

を進められることが多いです

しかしこれらでは根本的な解決にはならず、ますます症状を悪化させることにもつながります

まとめ

上記のような関節や椎間板に異常が出ている腰痛の場合、手術をするかこのまま薬やコルセットで経過を観察するよう指導される事がほとんどです

しかしこれらは対症療法でしかなく、根本的な解決にはなりません

病院やマッサージを受けても治らない腰痛には原因があります

そしてこのような腰痛でも治療実績のある治療院はあります

諦めないでくださいね