TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛が出た時の対処法!病院に行くべきか?

腰痛が出た時の対処法!病院に行くべきか?

2017.06.09 | Category: 腰痛

腰痛にはいろいろな発祥の仕方があります。徐々に蓄積してきてゆっくりと悪化していくパターンの腰痛から、重いものなどを持ち上げた拍子に急激に痛めてしまうこともあります。

こんな時にどこに行けばいいのか判断に迷うかと思われます。今回はどのように自分の腰痛を判断し、適切な医療機関を選ぶ方法や対処法についてお話をしていきます。

1、安静にして症状がおさまるのを待つ場合

お仕事中や日常生活での作業で重いものを持ったときや、変に体を捻ってしまい腰を痛めた場合、いきなり病院を受診して検査やリハビリ、薬事療法などをしなくても自然に痛みが引いてくるケースもあります。

※しかし、痛みが自然におさまったから腰痛が治ったかといえばそうではないケースが多いため、再発の防止やその後の悪化を考えると危険な場合があるので注意が必要です。

・寝ていたり、安静にしているときは症状が和らぐ

・一日、二日で痛みの度合いが軽くなってくる

・慢性的な腰痛でも、ずっと気になるほどの痛みの度合い、頻度ではない

上記のようなケースの腰痛では、数日様子をみてみてもいいと思われます

逆にこのようなケースで病院を受診した場合、レントゲンなどの画像検査でもはっきりとした原因がわからないことがほとんどです。

〈考えられる原因〉

筋肉の疲労や緊張による痛み、椎間板へのストレスによる軽度の痛み

〈対処法〉

安静にして腰の筋肉や関節を休ませる

ストレッチなどのセルフケア

腰を温める

専門家に相談

2、病院や専門機関の受診をおすすめする場合

上記の腰痛からも繋がりますが、安静にしてもなかなか痛みが引かない場合

日常生活に著しく支障をきたす場合は一度専門の病院か医療機関に相談することをお勧めします

①長期間にわたり痛みが続いている

②安静にしていても痛みが引かず、楽な時間がない

→夜寝ていて痛い、どんな姿勢や動作でも痛みを伴う など

③痛みだけでなく、他の症状も一緒に出ている

→おしりや足のシビレ、だるさ、力が入らない、感覚が鈍い、トイレの異常 など

→発熱、悪寒、吐き気、頭痛 など

④激痛の為動けない、腰を押したり叩いたりすると強い痛みがある

〈考えられる原因〉

①慢性腰痛が起こってる可能性があります。筋肉への慢性的な疲れの蓄積や、関節や腰椎への異常

場合によっては精神的なストレスや泌尿器系や消化器系にも異常があることもあります。

整形外科、その他の専門の医療機関への受診をおすすめします。

②、③安静にしても痛みが治まらず、常に強い痛みがある場合

あまりに痛みが強い場合や吐き気や発熱など腰痛以外の症状も一緒に出てきている場合は感染症や腫瘍の場合もありますので、早期に病院を受診されることをお勧めします

足の痺れや感覚の鈍さは坐骨神経痛からの症状の可能性もありますので、その場合は整形外科や神経痛を診れる治療院などがおススメです。

④腰椎の骨折や腫瘍、感染症などの疑いがあるため一度病院での検査をおすすめします

注意

上記に記した腰痛の対処法は一例にすぎません

一番いいのは症状が強かったり、おかしいと思ったら無理をせず専門家に一度相談することが確実です