TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛とストレスの関連について④

腰痛とストレスの関連について④

2017.06.09 | Category: 腰痛

前回の続きです

 

DLPFCの働きが低下する原因として

「強い恐怖心」が関与しているといわれています

 

強い恐怖を感じる状態が続くと、DLPFCの働きが低下し

痛みを抑える作用が弱ってしまうのです

 

この恐怖心を取り除くことがDLPFCの作用を高め、腰痛を改善することにつながるといわれています

 

この恐怖心を取り除く専門の治療を「認知行動療法」というらしいのですが

 

残念ながら日本ではまだ専門かが少なく、受けられるところが少ないのが現状です

 

 

以上最近明かされてきたストレスと腰痛に関しての記事でした

 

 

当院では様々な症状の腰痛に対応した治療を行っております

お困りの方は是非当院にご相談下さい