TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛と筋肉の関係

腰痛と筋肉の関係

2017.06.09 | Category: 腰痛

腰痛が出てくる原因として様々な要素があることは前のブログでもお話してきました

 

今回は筋肉にどのような影響が出ると腰痛になってしまうのかをお話していきます

 

 

通常筋肉は自ほとんどが自分の意志で動かせるものです

動くというのは、伸びたり縮んだりするということです

 

体のバランスはこの筋肉の伸びたり縮んだりする作用で保たれてるのですが

この筋肉が異常を起こすとこの運動性が低下してしまい、思うようにうまく体を支えることが出来なくなってきてしまいます

 

その結果関節や筋肉に過剰に負担がかかり、腰痛をはじめとした様々な関連症状まで引き起こしてしまうのです

 

腰痛を根本から改善したい

色々なところで受けてみたが思うように効果が出なかった

 

という方

是非当院にご相談下さい

 

提携駐車場もございます

 

 

 

 

なぜ筋肉がうまく動かなくなってしまうのか

その理由にはいくつかあります

 

過度に疲労をしている

疲れすぎていて筋肉が思うように力を発揮できない

 

縮んだまま固まってしまっている

何らかの理由で筋肉が縮んだまま固まってしまい、柔軟性がなくなってしまっている状態

 

筋肉が緩んでしまっている

緩んだままになってしまって、うまく縮まなくなっている状態

 

その他にも脂肪組織や周りの組織などの癒着により、伸び縮みが邪魔されてしまうケースなどもあります

この場合は筋肉自体は以上がない場合が多くあります

 

 

このように筋肉性の腰痛も様々な原因があり、一概に筋肉をほぐすだけでは良くならないケースが多くあります