TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 季節で変わる腰痛!腰痛と季節の関連について③

季節で変わる腰痛!腰痛と季節の関連について③

2017.06.09 | Category: 腰痛

前回からの続きです

 

季節の変化や、気候、気圧の変化で体が痛くなる

昔痛めたところの痛みがぶり返す

 

といった原因の一つに

 

「痛みに対する感度の変化」

 

が挙げられます

 

情報の正確な出所は申し訳ありませんが覚えていませんが、しっかりと論文になりデータがとられている情報だと思います

 

耳の奥にある気圧を感知する期間が気圧の変化により体全体の痛みに対する感度を上げているという報告です

 

気圧が変わると耳の中にある内耳センサー(有毛細胞)が気圧の変化を感知し

 

内耳と脳をつなぐ前庭神経が混乱します

 

そうすると過去に痛めたことのある部位の痛覚神経を刺激し患部に痛みを出してしまうのです

 

個人さはありますが、特にこのように季節の変化により痛みが出る方は

 

この内耳センサーが敏感なのだそうです

 

 

このように季節によって痛みが出る、調子が崩れるといった症状を

 

「気象病」というらしいです

 

この中にはもちろん腰痛や神経痛も含まれ、季節によってあの痛みがぶり返してしまうんですね

 

 

しつこい腰痛、神経痛  どこに行っても改善しなかった腰痛など

是非当院にご相談下さい