TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛はすぐ治る!?腰痛の治療期間について

腰痛はすぐ治る!?腰痛の治療期間について

2017.06.09 | Category: 腰痛

先日の記事で

腰痛の痛み自体は比較的早期に回復する場合が多いが、痛みが出た根本を取り除くことが重要である

 

といった旨の内容を書かせていただきました

 

当院では、腰痛をはじめとした体の筋肉、関節に関する痛みはほとんどの場合

 

「長期的な原因に由来する短期的な症状である」

 

と考えています

 

ぎっくり腰であれ、ヘルニアであれ

 

弾力のある健康な筋肉、関節の状態ではほとんどの場合

 

急に腰が痛くなる、急に痺れが発症する

 

といったことはありえないと考えています(もちろん例外も多々ありますが)

 

日常生活においてこれまで長い年月徐々に蓄積してきた疲労や体のバランスの乱れなどが急な腰痛、症状の強い腰痛の発祥の原因となっている場合がほとんどなのです

 

ほとんどの整骨院、治療院でいう

「即効性」や「圧倒的技術」といたものはこの痛みに対する対処をメインで考える先生が多いと考えられます

 

このような症状に対して治療を行う場合

 

1日、もしくは数回で完璧に腰痛を治せるということはなかなかありえません

 

単純な「痛み」であれば

1日~2週間で改善が可能です

 

しかし、その根本である筋・骨格的な異常に関しては

2週間~4週間、変化が出るまでにかかるといわれています

 

神経の症状であれば

4週間~8週間

 

姿勢の改善であれば

8週間~12週間

 

側弯症をはじめとした脊柱の異常であればさらに期間が長くなります

 

上記の治療期間は統計的に出されたものですが、体の生理学的な要素に沿った数字です

 

この中で患者さんの腰痛の原因は何なのか、どこにあるのか

 

患者さんへの問診、検査でしっかりと把握し説明ができ

 

この期間の中でどのような治療をしていくかを明確にできることが当院で考えるベストな治療となります

 

なお、それでもこれらの統計的、生理学的な数字を無視した圧倒的な技術や効果を出す先生もいらっしゃる可能性はあります

そしてそこを目指すのがわれわれのロマンであったりするわけですが

 

とにかく、腰痛でお困りの方、しっかりと先を見据えた治療をお求めの方は是非当院にご相談下さい

 

お車で来院される方は提携の駐車場もございます

 

合わせてお問い合わせください