TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > その場で効果を実感なんて本当!?腰痛治療で陥る落とし穴

その場で効果を実感なんて本当!?腰痛治療で陥る落とし穴

2017.06.09 | Category: 腰痛

前回に引き続き、腰痛の治療について

 

患者さんがご自身で通う治療院を決め来院する上で、最も気がかりで、そして調べにくい項目の一つとして

 

治療の「効果」があると思われます

 

現在世の中にはたくさんの腰痛に対する治療方があります

 

しかし、そんな中で患者さまからよく聞く声としては

 

「その時だけなんでしょう?」、「時間が経つと戻ってしまう」

 

といった声が多く聞かれます

 

これは、前回書かせていただいた治療の期間についてを参照していただくとわかりやすいと思いますが

 

治療にはある程度の期間が必要です

 

統計的にも、生理学的にも研究されている分野ではありますが

 

それらをしっかりと説明し、患者さまに理解と納得をしていただく必要があると考えています

 

それらをせずに、「痛み」にフォーカスした治療ばかりを行っているとなかなか効果を実感していただけません

 

よくあるのが

治療のビフォー・アフターです

 

施術前と施術後で先生が

「どうですか?」

 

と聞くと患者さまが

「痛くないです!」       どやぁ!!

 

というやつです

 

当院ではこのビフォーアフターはセミナーなどのパフォーマンスとしてはありですが

 

実際に患者さんを診る現場では不十分であると考えています

 

専門的な知識を持った施術者が症状に対してアプローチをした際、変化が出るのはむしろ必然です

 

しかし患者さまが求めているのは、その場での痛みの改善ではなく

 

日常生活における不具合、悩みの解消です

 

そして施術の効果は統計的にもほとんどの場合、3日から1週間ほどで戻るといわれています

 

前回までの内容に触れますが

 

腰痛の治療は短期的な症状ではなく、長期的な原因に焦点を当てるべきです

 

とするなら

 

効果的な治療をするために必要なのは

 

1回の治療の「質」よりも「数」

 

単純な継続的な来院頻度が必要になってきます

 

まとめるなら

 

しっかりと治療で効果を出すためには

 

原因の改善のために必要な期間、必要な頻度で継続的に治療をしていただく必要があります

 

施術の効果を測るうえで重要なのはビフォー・アフターではなく

 

初診時の施術前の状態と、治療をある程度進めていった時期の施術前の状態

 

ビフォー・ビフォーに焦点を当てるべきです

 

本当に効果的な治療を受けるのであれば

 

一回の治療でどうこうよりも、自分の症状に対しどれだけ理解され

 

症状改善のための適切な来院期間、頻度、治療内容をしっかりと教えてくれる治療院を探す事をおすすめします

 

もちろんそのような人体の原理原則を超越して1発で効果を出してしまう技術もあるかもしれません

 

施術をする先生のゴットハンドなのか

 

施術を受ける側のゴットボディーなのかはわかりませんが

 

「ドラゴンボールZ 神vs神」でもわかる通り、悟空がスーパーサイヤ人ゴットになれたのも

 

日々の修練とこれまで培ってきた信頼の賜物であり、誰にでもすぐなれるものではありません、悟空は天才です

 

話は逸れましたが

 

しっかりと腰痛治療に対して効果を求めるのであれば

 

しっかりと導いてくれる先生の元で、一定期間の継続来院をするという覚悟も必要です

 

世に蔓延している小手先のゴットハンドで効果が得られず、あきらめている方もいらしゃるかと思います

 

しっかりと診てくださる良い先生はたくさんいます。あきらめずに自分の腰痛と向き合いましょう

 

 

最後まで誰に向けたメッセージなのかもわからないまま、今日はこの辺で終わります

 

腰痛でお困りの方、その場しのぎでなくしっかりと治療をしたいという方

 

是非当院にご相談下さい

 

お車で来院の方、提携駐車場もございます

 

合わせてお問い合わせください5