TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 寝違いになったときの対処法!原因と対策

寝違いになったときの対処法!原因と対策

2017.06.26 | Category: 未分類

今回は寝違いについてお話をしていきます。

寝違いってなに?

「朝起きたら急に首が痛くて回らなくなっていた!」

こんなお話を患者さまより伺うことがあります。急に起きてしまう寝違いは、朝イチから痛い思いをしている上、そのまましばらく生活しなきゃいけないと思うと、なんだかげんなりしてしまいますよね・・・。

そもそも寝違いとは首がどのようなってしまっているのでしょうか?

寝違いの原因は?

寝違いは寝ているときのちょっとした負担などが持続的に長時間加わることで、筋肉や関節に負担がかかってしまい、それが原因で炎症を起こすことで起こるといわれています。あまりに疲れがたまって変な姿勢で熟睡してしまった時や、普段寝ないようなソファーや出先のベッドなどで寝たときになることが多いです。

他には普段の姿勢の悪さ、枕があっていない、ストレスが溜まっているなど、様々なものが考えられます。

寝違いになったときの対処法

寝違いになると、首が回せなかったりするためストレッチや安易なマッサージはかえって逆効果になることがあります。たとえ痛くても、これは炎症による痛みである可能性が高いため、ご自身の判断ではあまり無理をなさらない方がいいでしょう。では、ご自身でする対処法をご紹介していきます。

①温める、冷やす

これはどちらでも構いません。試してみて楽になる方、気持ちのいい方がいいでしょう。

②伸びなどをして背筋を動かす

首を直接触ることは危険ですが、元をたどれば姿勢などが関係していることで首に負担がくるため、姿勢を正すことで元を治していくという考えです。

伸びなどの背中のストレッチが有効です。

③肩から脇にかけてのストレッチ

「ゴッドハンド輝」という漫画でも紹介されていた方法です。腕を後ろに真っすぐ引いていってストレッチをしていきます。無理のない範囲で行いましょう。

寝違いの治療はどこですればいい?

寝違いはレントゲン写真やMRIなどの画像検査でも骨に異常がない限りは原因がわからず、病院のリハビリでも簡単な電気療法のような対処で済まされてしまうこともあります。

寝違いになってしまったら、画像検査以外でしっかり診てくれる所を探すのが望ましです。ながよし整骨院では寝違いに対する施術も行います。実績として、簡単な寝違いであれば1回の治療でも大幅に痛みと可動域が改善することもあります。

 

お悩みの方は是非一度ご相談下さい。ながよし整骨院で安全、迅速な整体を体感しましょう!