TEL

Blog記事一覧 > 産前・産後,腰痛 > 妊娠中の腰痛にはこれ!妊婦さんが行うべき腰痛対処法4つ

妊娠中の腰痛にはこれ!妊婦さんが行うべき腰痛対処法4つ

2017.06.28 | Category: 産前・産後,腰痛

妊婦さんが腰痛になってしまったらどうする!?

今回は妊娠中に腰痛になってしまったっときの対処法をこちらで紹介していきます。

前回の内容で、簡単ではありますがなぜ妊娠すると腰痛になってしまうのか、その原因についてご紹介していきました。前回の内容に引き続き、今回はその対処法をご紹介していきます。

①骨盤ベルト

骨盤がホルモンの分泌によって緩むことで、骨盤が大変不安定な状態になっているため腰痛になることが多くあります。

このような腰痛では、骨盤の安定を図るため「腰痛ベルト」を使って骨盤を固定し、安定させることで腰痛を緩和することができます。通常の腰痛ベルトやコルセットと違い、骨盤ベルトではあくまで骨盤を固定するように巻くのがポイントです。巻く位置がずれてしまったり、きつく締めすぎると胎児にも影響してしまうことがあるので注意が必要です。

②エクササイズやストレッチ

特に運動不足になりがちな妊婦さんには、軽いエクササイズをお勧めします。多少運動することでストレスの発散の効果も期待できますし、硬くなった筋肉を動かしたり、伸ばしたりすることで血流が良くなり、痛みの緩和が期待できます。

ここでは詳しくは述べませんが、下記のサイトが詳しく解説してくれているので参考にしてみてください。

運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

③体を温める

基本的なことですが、これも実は有効な方法です。お風呂などにゆっくりと浸かって体を温めるのもいいでしょう。ホッカイロや蒸しタオルなどで痛い場所を直接温めるのも有効です。

④姿勢に気をつける

例えば、荷物を床から持ち上げる姿勢や、普段椅子に座っているときの姿勢など、妊婦さんになってお腹が大きくなってくればくるほど、姿勢が崩れて来やすいものです。

少し姿勢を正す習慣を作ることで、腰にかかってくる負担を減らし、腰痛も緩和できることがあります。

 

 

以上が妊娠中に腰痛になってしまったときの対処法です。できるものから無理なく行ってくださいね。

横浜市青葉区・緑区・都筑区のながよし整骨院では、産前産後のケアや骨盤矯正を行っております。お悩みの方は一度ご相談ください。