TEL

Blog記事一覧 > 膝の痛み > 膝痛の方は知っておきたい!!膝の痛みの原因5つ

膝痛の方は知っておきたい!!膝の痛みの原因5つ

2017.06.28 | Category: 膝の痛み

今回は膝の痛みの原因についてご紹介していきたいと思います。膝は体の中でも特に体重がかかりやすく、負担のかかるところです。普段はおとなしく頑張ってくれているのですが、時として負担をかけすぎたり、無理な使い方をしてしまうことで、晴れてしまったり、痛みが出てしまったり、怪我の耐えない部分でもあります。ではなぜ膝は痛くなってしまうのでしょうか?

変形性関節症(変形性膝関節症)

これは代表的な膝の疾患です。膝の中の軟骨が特定の箇所だけ著しく消耗してしまうことで、膝の動きの軸が歪んでしまったり、関節の中で炎症を起こすことで痛みが出てしまうものです。

変形性関節症は放置しておくとどんどん痛みが強くなり、変形も進行するため治療をすることをお勧めします。

変形性関節症についてはこちらのページから詳しくご紹介しています。

関節水腫(関節の中に水が溜まってしまう)

関節の中で何頭の原因で水が溜まってしまうものです。関節の中は密閉された空間になっていて、その中が過剰な水分でパンパンに腫れてしまうと、曲げ伸ばしをした時にその水が関節の中を移動して、内側から圧迫するような形になり痛みがえてしまいます。膝

捻挫など靭帯の損傷

膝の外側、内側にそれぞれ大事な靭帯があり、膝を伸ばしてしまったり、捻ってしまった時にその靭帯が痛んでしあうことがあります。場合によっては手術などが必要な例もあるので、注意が必要です。

膝がグラグラしてしまう、不安定感があって怖いなどの症状がある場合は、一度専門の先生に診てもらうのがいいでしょう。レントゲン写真では靭帯は映らないため、MRIなどの精密検査が必要になることもあります。

膝周りの筋肉の炎症

膝の周りには、膝を動かしたり安定させるために筋肉が多くついています。その筋肉や筋肉の付着部が何かしらの原因で炎症を起こしてしまっていたみを出すことが多くあります。特にスポーツをしている方に多いと言われています。

代表的なものとしては、オスグッド病や、が足炎、ランナーズニーなどが挙げられます。

半月板の損傷

膝の中には体重をかけた際にクッションのような役割をする「半月板」というものがあります。この半月板が何かしらの原因で傷ついてしまうと、膝の痛みや運動制限を出してしまうことがあります。

膝の曲げ伸ばしができない、歩くと痛い、膝の中でコリコリと音がするなどの症状が出た時には注意が必要です。

 

 

以上膝の原因をまとめてみました。

横浜市青葉区・緑区・都筑区のながよし整骨院では膝の診療も行っています。お悩みの方は当院までご相談ください。