TEL

シンスプリント

シンスプリントの早期回復と再発防止をご希望の方は横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までご来院ください

シンスプリントは特に走ることが多いスポーツをしている方に見られる症状ですが、ランニングやスポーツを初めたばかりの頃に起こりやすいため「初心者病」と呼ばれることもあります。シンスプリントはスネの内側に痛みが出ますが、症状のあらわれる部分や程度には個人差があるため、誰にでも同じ施術を行なって改善を目指せるというものではありません。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではお一人おひとりの症状やお身体の状態、根本原因に合わせながら施術を行なっておりますので、どうぞ安心しておまかせください。早期回復と再発防止を目指した施術で、しっかりとサポートいたします。

シンスプリントを引き起こしている原因は様々ですが、練習量が多くオーバーワークにより筋肉が炎症を起こす、筋肉に持久力や柔軟性がない、身体のバランスが崩れている、偏平足などを挙げることができます。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではシンスプリントの回復状況に合わせた施術を行ない、ご自身でも行なっていただけるストレッチやトレーニングなどもご指導いたします。国家資格を取得している専門知識と技術が豊富な施術師が、分かりやすく丁寧にご説明をいたしますので、不明点などございましたらお気軽にお伝えください。

横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院がご対応するシンスプリントへの施術では、ストレッチやテーピングのほか、正しいシューズ選びについてもアドバイスいたします。また、普段から正しい姿勢や身体の使い方を意識して、痛みや不調の出にくい身体づくりを目指すことも必要なりますので、ご自身でも予防を意識して過ごすようにしてください。

シンスプリントとは?

関連画像

主な症状はスネの内側の痛みです。

人によっては外側に出る人もいますが多くは内側に出ます。

スネの正式な名称は脛骨(ケイコツ)という骨なのです。

簡単にシンスプリントを説明すると脛骨の炎症と考えてください。

それは骨の炎症なんですよ。

それを放っていて大丈夫ですか?もちろん大丈夫ではないですよね!

正しい知識を知っている整骨院、病院で診てもらいましょう。

 

シンスプリントを甘く見るな!!

シンスプリントはかなり厄介です。

症状が軽度のうちは練習中に痛みが徐々になくなる事がよくあります。そのためシンスプリントの症状が出ていても練習ができてしまいます。

あなたは痛いながら練習していませんか?

よく「痛みを我慢して練習をしていればそのうち治る」と言われてしまうのです。

しかしこれは大きな間違えなのです。

指導者に言われてしまうと痛みがあっても我慢して練習してしまいますよね。それを続けていると疲労骨折を起こしてしまいかなりの長期間走る事ができなくなるかもしれませんよ。

 

シンスプリントの正式名称は脛骨過労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)です。

脛骨はスネの内側にある太い骨のことでその脛骨に過労が生じダメージが蓄積して脛骨に痛みが出ます。

もちろん原因が骨だけではなく筋肉にもありますが、骨、筋肉にあるので両方同時に治療を行う必要があります。筋肉だけの治療や骨だけの治療では意味がなく痛みが取れたとしても再発する可能性が高いです。

シンスプリントは下腿(ふくらはぎ)の内側にある脛骨の下1/3に痛みが出るのが特徴です。特に脛骨に沿ってうずくような鈍痛が走ります。これは筋肉が骨に付着するラインに沿って起こっているのです。

多くは下腿内側の痛みが運動開始時に現れて、その後痛みが消えて運動終了後に痛みが再発します。症状が進行すると不快感はだんだん酷くなり、運動している最中も痛みが続くようになってしまいます。最終的には日常生活動作の最中も痛みが伴うようになり朝起床した時にベッドから立ち上がることができないなどの障害が出てしまいます。

 

どのような人がなりやすいの?

フリー 写真ジョギングしている女性

このシンスプリントはランナーの方に多くみられるのですが他のスポーツでもハードなトレーニングを集中して行った時などに頻発します。特に硬いアスファルトの上を繰り返し走りこむ、足を背屈(足首を上にあげる)筋肉を過剰に使い込むなどが原因となります。

それと他によく言われるのがスポーツを始めたばかりの人や筋力が弱い人と言われています。しかし一流のスポーツ選手でもシンスプリントになってしまう人もいるのです。だから単にスポーツの初心者がなるとか筋力の弱い人ではなく、骨格が歪んでしまっている人、筋肉が硬くなっている人に見られる症状です。

 

なぜシンスプリントになるの?

人の足細かな骨が組み合わさって構成されていてそれとそれを補強する筋肉で上からのしかかる体重を支えています。

本来ならば筋肉と骨の組み合わせが共同して上からの力に耐えているのですが、なんらかの理由で「骨の組み合わせ」か「補強している筋肉」が役割を果たせなくなってどちらか一方がそれを補わなければいけなくなります。

足部には縦アーチ(土踏まず)と呼ばれるものがありこれが機能すれば衝撃を吸収してくれるのですが、このアーチが崩れて潰れてしまうと衝撃を吸収する事ができなくなってします。さらに骨の配列が崩れて、足底から関節、下腿の骨や筋肉に大きな負担となってしまいます。いわゆる扁平足といった足の形ですね。

このような状態が長期間続くと筋肉や骨に普段以上の負担がかかり異常を訴え始めます。この異常が痛みとしてスネの内側に現れたりするのです。

やはり筋肉が硬くなってしまうと緊張状態が強く起こり引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起きてしまい痛みが起きます。

 

シンスプリントが完治って?

完治した状態の目安
1、走っても痛みが出ない 2、全力疾走しても痛みが戻らない 3、全力疾走しても恐怖感がない

これを目安にすると良いでしょう。

この状態を出すにはしっかりと痛みの原因を理解して治療を受ける事だと思います。シンスプリントは決して放置、我慢をして治るものではありません。

シンスプリントはスポーツをしていると再発するスポーツ障害です。

 

実は競技を休むことも重要

「休み フリー素材」の画像検索結果

学生のうちは痛みが出ても休む事ができない選手が多いですよね。

それは「休むとレギュラーから外れて試合に出られなくなる」「サボっていると思われる」といった不安がある人が大半ですよね。

しかしその不安を引きずったまま練習を繰り返していると痛みが長引き完治しないまま競技をしなくてはいけません。中途半端な練習は治りを悪くするだけではなく指導者の方の評価も下がります。だからこそ体を休めてまずは治療に専念して競技復帰して最高のパフォーマンスを出したほうがいいと思いませんか?

その為にながよし整骨院があります。

 

ながよし整骨院ではどのような治療をするの?

しっかりとあなたの症状を診断して原因となっている筋肉、骨格を他にはない治療方法で調整していきます。ただのマッサージだけではよくなりません。1日でも早く競技に復帰できるようしっかりとサポートしていきます。

 

シンスプリントのような症状でお悩みの方は今すぐお電話ください。