TEL

変形性関節症

変形性関節症でお悩みの方を横浜市青葉区の『ながよし整骨院』にお任せください!!

変形性関節症と聞くとどのような症状かイメージがつきにくいかもしれませんが、多くの膝の痛みはこの症状が原因と考えられています。膝関節の軟骨がすり減ることで炎症や変形が生じ、痛みや不快感などがあらわれる頃には症状が進んだ状態といえますので、できるだけ早目に横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までご相談いただき、適切な施術を開始してください。国家資格を取得している施術師が、豊富な専門知識と確かな技術でお一人おひとりに合った施術をご提供いたします。

変形性関節症は特に60代以降の女性に多く見られ、老化が原因となって痛みや不快感があらわれてしまいます。立ち上がる時に痛む、正座ができない、階段を下りる時に痛みが出るなど、日常生活での動作に支障が出ることも珍しくないため、そのまま放置することなくできるだけ初期の段階で横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までご相談ください。

変形性関節症は悪化すると膝に水が溜まり歩行が困難になるケースもあり、外科手術が必要となる場合もあります。初期の症状なら運動療法で筋力をつける、補助器具などを使って膝関節を支えるなどで対応することが可能ですので、少しでも膝に違和感があらわれたらお一人おひとりに合わせた施術でサポートする横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までお越しください。

 

当院で膝の治療をご希望の方、料金表はこちらから

 

膝の痛みはどこから来る?

膝は足の中で最も障害の起きやすいところです。腰痛や肩こりについで、多くの方が悩まされる症状の一つになります。この膝の痛みは一体何が原因で引き起こされるのでしょうか?

上記にも記した通り、特に60代以上の女性の方に多く発症する変形性関節症をはじめとして、膝の関節に負担がかかってしまい、徐々に膝にストレスが蓄積して発症してしまうケースが非常に多くあります。膝にストレスが溜まってしまうメカニズムについて理解するためには、まず膝の構造を理解する必要があります。

膝の簡単な構造の解説

膝をイラストで表すと、簡単に以下のようなもので構成されています。

 

・大腿骨・・・太ももの骨です。人間の体の中でも特に太くて頑丈にできています。

・脛骨・・・膝のしたスネにあたる骨です。「弁慶の泣き所」などもこの骨です。

・腓骨・・・脛骨の隣にある、添え木のような細い骨です。膝の下の外側から、足首の外側まで伸びている骨です。

・膝蓋骨・・・いわゆる膝のお皿です。膝の運動に合わせて動いたりします。

・半月板・・・膝の関節の中に入っているクッションのような役割をする軟骨です。膝の中で柔らかく動くようになっています。

・関節軟骨・・・骨と骨がぶつかっても痛まないように、骨どうしを滑らせる役割のある軟骨です。関節には必ずこの軟骨があります。

膝の関節は、これらの骨や軟骨がスムーズに動くことで、曲がったり伸ばしたりという運動ができるようになるのです。しかし、変形性関節症をはじめとした膝の痛みでは、これらの関節の歪みや変形により痛みや腫れをきたしてしまうのです。

変形性関節症ってどんな症状なの?

変形性関節症は、関節の中のクッションの役割をしている軟骨が何らかの原因ですり減ってしまい、関節の中で摩擦が強くなってしまって炎症が起こったり、または壊れた細かい軟骨の破片によって関節の中にある内膜を傷つけてしまい痛みが起きるものです。

基本的には関節であればどこでも発症してしまう可能性があるのですが、変形性関節症が最も起こりやすいのは、体の中でも一番負担のかかりやすい膝なのです。そのため、変形性関節症というと、膝のイメージが一般化してきたのではないでしょうか?

具体的に下記のような症状が起こります。

歩き始めの痛み

日常生活で歩き出そうとするときに痛みが出たり、また膝を曲げたり伸ばしたりするときに痛みが出てしまいます。

膝の曲げ伸ばしがしにくくなる

いわゆる関節の可動域制限と呼ばれる状態で、膝の関節を十分にまげたり、伸ばしたりできなくなってしまいます。これが悪化してくると、正座が出来ない、しゃがめないなどの日常生活での制限も現れ始めます。

膝に水が溜まってしまう

関節の中での炎症により、関節同士を滑らせるために「関節液」が大量に出てしまい、膝の中に溜まってしまう状態です。膝がパンパンに張れてしまうほどひどくなることもあり、あまり腫れが強くなったものでは、曲げ伸ばしができなくなる例もあります。

動かしたときに音がする

関節が変形し、軟骨がすり減ってくると、関節の中で軟骨同士がぶつかるようにゴリゴリ音が鳴るようになったり、外の筋肉やスジが緊張してしまい擦れ合うような音を出すことがあります。

膝の形が変形してしまう

特に高齢者の方に多い症状ですが、変形が進行してしまうと、足全体の形がO脚のように広がってきてしまうことがあります。

 

膝の治療を受けられる方はコチラから料金表をチェック

 

変形性関節症はどんな人がなりやすい?関連画像

変形性関節症は年齢が高齢になるにつれて発症しやすくなると言われています。

男女の比率では特に女性に多く

60歳以上では女性が40%、男性が20%

80歳以上では女性が60%、男性が50%

という統計が出ています。

変形性関節症の原因は?

では、変形性膝関節症はどんな原因で起こってしまうのでしょうか?

1、老化

上記のデータにもあった通り、年齢が高くなればなるほど変形性関節症になりやすくなります。その理由として、老化による関節の中の組織が弱くなってしまっていたり、長年使い続けた関節が限界を超えて痛んでしまったり、筋力の衰えによる膝への負担の増加などさまざまです。恒例の方でも全く膝が痛くないという方は沢山いらっしゃいますので、十分に予防できる要因であるはずです。

2、肥満

これも膝の変形性関節症の原因として良くあげられるものです。膝は立っていても、歩いていても、動くためには常に体重がかかり続けている関節です。つまり必然的に体重の思い方ほど膝にかかるストレスが大きく、膝の軟骨が消耗する度合いが早くなります。

3、重たいものを持つなど重労働

変形性関節症は日常生活のなかで起こる疾患です。特にお仕事の影響で体のどこかしらを痛める方は非常に多くいらっしゃいます。お仕事では常に決まった姿勢や、決まった動作を要求されることが多いためです。

たまに重たいものを持ったり、膝に負担のかかる動作をしたり、その程度であれば本来関節は簡単には痛むことはありませんが、これが何日、何年と繰り返されることで膝の関節に負担がかかり続け、変形性関節症になってしまうことが多くあります。

4、外傷などのケガによる膝の損傷

変形性関節症は大きく二種類に分けられます。

一次性と二次性です。

一次性とは、膝自体に加重や負担がかかることで引き起こされる、これまで解説してきたような原因によるもので、悪化してくると様々な症状を併発してきます。

二次性とは、例えば若いときにスポーツなどで関節のどこかをケガ(骨折や靭帯の損傷など)してしまった場合、それがきっかけで変形性関節症になることがあります。

過去のケガにより、靭帯の損傷や骨折、関節のかみ合わせの変化などで二次的な被害により発症してしまうものを二次性の変形性関節症といいます。ケガによる変形性関節症とはつまり、二次性の変形性関節症の事を言います。

5、O脚やX脚

O脚やX脚では、膝の中の軟骨や筋肉、靭帯に対して均等に体重がかからず、関節の中の一部分だけにストレスがかかり続けるために、変形性関節症になりやすくなってしまいます。この場合は膝の関節だけに焦点を当てていても、本当の原因は違うところにあることが多く、しっかりとした治療が必要になってきます。

6、病原菌やウィルスなどの感染症、その他の外傷

変形性関節症の診断で注意するべきなのがこれらの感染症や疾患になります。関節に腫れや変形が起きている原因がウィルスによるものであった場合、すぐに専門の医療機関に受診することをお勧めします。

変形性関節症と区別しなくてはいけない疾患は以下の例です。

半月板損傷

膝の関節の中に入っている、クッションのような役割をする軟骨である「半月板」が傷ついたり、痛んでしまうことで膝の関節に痛みや、運動制限などが出てきてしまうものです。

関節リウマチ

関節が炎症を起こして、どんどん変形していってしまいます。腫れや激しい痛みを伴い、何もしなくても痛みが出てきてしまうのが特徴です。30代から50代の女性に発症することが多く、早期に治療を開始しなければ厄介な疾患です。

大腿骨内顆骨壊死症

50歳以上の方に発症することの多い疾患で、典型的な例としてはただ歩いているときに、急激に激痛が走り、いきなり発症するものがあります。

脛骨内顆脆弱性骨折

変形性関節症と類似している症状ですが、骨自体を押して痛みが出たり、徐々に痛みが強くなって来たりした時に疑います。放置しておくと、時として壊死に繋がることもあるので注意が必要になります。

化膿性関節炎

関節の中に何らかの理由で細菌が入り、関節内で化膿してしまうものです。放置しておくと、関節内の軟骨などが破壊されるため、重篤な障害を残す可能性があるので注意が必要です。

神経病性関節症

関節には、いろいろな外力が加わった場合、破壊からのがれるしくみ(自己防衛機能)があり、それは中枢神経と末梢神経によってコントロールされています。
もし、この神経に障害がおこると、関節の防御機構がなくなって、関節がひどく破壊されてしまいます。これを神経病性関節症、またはシャルコー関節といいます。
神経病性関節症の原因疾患としては、脊髄癆(せきずいろう)(梅毒による脊髄障害)、糖尿病(ひどくなると末梢神経炎をおこす)、脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)(脊髄に空洞が生じ神経障害をおこす)の3つの病気が代表的なものですが、もっとも多い原因は、脊髄癆です。

突発性膝関節血腫

何らかの理由で関節の中に血が溜まってしまうことです。原因としては、打撲やねんざなどによる関節の中の損傷、もしくは老化による血管の弱体化で起こる出血などがあります。

等です。

変形性関節症の原因は大きく2種類

変形性膝関節症の原因は、大きく2種ついに分類されます。

一次性変形性膝関節症

明確な原因が特定できず、自然に発生したと考えられるものを一次性変形性膝関節症といいます。一次性変形性膝関節症の原因は下記になります。

・加齢

・骨粗鬆症

・筋力の低下

・体重の増加(肥満)

・激しいスポーツによる膝への負担

・O脚、X脚、偏平足などの変形

・靴や生活習慣による膝への負担

二次性変形性膝関節症

膝へのケガや病気など、変形する原因が明確なものを二次性変形性膝関節症といいます。二次性変形性膝関節症の原因は以下のものです。

・骨折などによる膝の軟骨の損傷

・靭帯の損傷

・半月板の損傷

・膝蓋骨の損傷(骨折、脱臼など)

・膝関節の捻挫

・関節リウマチや感染症など

 

このどちらかにより、それぞれ治療方針が変わってきます。まずは原因を明確にすることが大切です。

膝の変形性関節症は放っておくとどんどん進行してしまう

変形性関節症は放置しておくと、変形がどんどん進行してしまうことがあります。それに伴い、運動制限や痛みが増加してしまうこともあるので注意が必要です。

変形性関節症にはその進行度合いにより4つの状態に分類されます。

前期

レントゲン上でもほとんど変形などがみられず、変形性関節症と診断するのは困難。

軽度の痛みや運動痛、数男域制限が出る場合もある。

初期

レントゲン写真上で軟骨がすり減った様子が、膝の関節の隙間(関節裂隙)の狭さから観察できる。場合により骨の変形にみられることがある。

進行期(重傷期)

骨の変形が進行し、ますます膝の関節の隙間が狭くなっている状態。ここまでくると、外見からみても変形が観察できるまでになる。典型的な変形性膝関節症。

末期

骨の変形がさらに目立ち、軟骨がすり減ってしまい関節の隙間がほとんどなくなってしまう。時には大腿骨と脛骨がぶつかってしまうこともある。

「変形性関節症 進行」の画像検索結果

膝の変形性関節症を予防するためには?

膝は体の中でも特に負担がかかりやすく、また軟骨も使えば使うほど消耗し、一度消耗した軟骨は回復しません。変形性関節症を予防するためには、変形が進行して症状が出てしまう前に膝にかかる負担を軽減していくことです。

予防に勝る治療無し!!

です。具体的な予防方法は以下の通りです。

筋力トレーニング

変形性関節症は筋力の衰えてきた時期から徐々に進行して来ることが多いといわれています。その時は症状がなくても、膝は普段から負担のかかる場所ですから、徐々に負担が大きくなり、変形が進行し、やがて炎症が強くなり歩けなくなるほどの症状を起こすことがあります。

膝のバランスを支えているのは、骨だけでなく、膝の周りについている筋肉です。太もも、ふくらはぎの筋肉を前、後ろ、内側、外側まんべんなく鍛えていくことで消変形しにくい強い膝を作っていくことが出来ます。

「膝」の画像検索結果

 

膝周りのストレッチで柔軟性を保つ

膝が固くなってしまうと、膝にかかる負担が大きくなってしまいます。膝がある程度柔らかく使える方が、少し躓いてしまった、急に振り向いたなど思いもしない動作などからも膝を守ってくれるのです。

膝のストレッチは簡単な屈伸運動から、開脚や足を伸ばしての前屈など、足から股関節周りまでの筋肉を伸ばしてあげるのがいいでしょう。

「膝 ストレッチ」の画像検索結果

体重を増やさない、もしくは痩せる

膝は体重を支えるため、常に負担を強いられる場所です。体重が少し増える程度でも、一日、一週間、一年とその繰り返す負担が増えると膝は確実にストレスを蓄積していきます。膝の治療において一番大事なことは、いかに膝にかかっている負担を軽減していくかというところにあります。

せっかく治療が進んで、膝の炎症が治まったり、可動域が改善してきているのに、体重増加で膝にかかる負担が増えてしまったら経過が良くなりません。

規則正し生活とバランスのいい食事で、体重管理を行うのも治療において大切な要素です。

ダイエットについてはコチラから

変形性関節症になってしまったら・・・

変形性関節症になってしまったらどのような対し処方を取ればいいでしょうか?

ここでおススメの対処法をいくつかご紹介します。

①筋力トレーニングやストレッチ

予防の項でも挙げたように、膝周りの筋力トレーニングやストレッチで柔軟性を高めたり、筋力を高めるのが有効です。ただ、症状が出てしまった後の対処では炎症も強く、痛みも伴うことがありますので、なるべく痛みのない簡単な運動から始めるのがいいでしょう。

②サポーター

膝のサポーターをする事も一つの対処法です。腰のサポーターの選び方でもご紹介していますが、サポーターも種類があり、目的によって使い分けるのが理想的ですが、日常生活の保護程度ならそれほど強いものでない方がいいでしょう。

③アイシング

変形性関節症において、痛みの直接の原因は炎症による痛みです。炎症が起こって

熱をもってしまっているところは、冷やして炎症をおさめる方が望ましいです。

できれば氷水など温度が0度のものを使うのが良く、シップだとなかなか効果が得られにくいと思われます。また、保冷材などで0℃以下で冷やそうとすると、皮膚を傷めることになったり、患部が逆に熱を持とうとすることもあるので注意が必要です。

膝の変形性関節症なら当院にお任せください!

変形性関節症の治療でお悩みなら、横浜市青葉区・緑区・都筑区のながよし整骨院にお任せください。当院では腰痛、坐骨神経痛のほかに、膝の痛みでお悩みの方に対しても専門の整体を行っております。

ながよし整骨院でこなう膝の治療は、膝がなぜ痛くなったのか、明確な原因を探し出し治療することで、変形の強い方や動きが制限されてしまっている方でも、施術後の変化を実感していただくことが出来ます。

もし真剣に膝痛の治療がしたいという方は一度当院までお問合せ下さい。

 

当院の料金表はこちらから!