TEL

Blog記事一覧 > 四十肩・五十肩,肩の痛み > 【横浜市青葉区の整体名人】五十肩のしつこい痛みが悩み!実際どんなことが不安ですか?

【横浜市青葉区の整体名人】五十肩のしつこい痛みが悩み!実際どんなことが不安ですか?

2017.10.23 | Category: 四十肩・五十肩,肩の痛み

台風が大変でしたね!

ですが横浜市青葉区はまさに台風一過!通勤や

でも、すでに今日なんか結構晴れてますからね!

さて、今日も五十肩シリーズでお送りしていきたいと思います。

 

今回は

「五十肩の痛みが悩みなんだけど、実際にどんなことで悩んでいるのか?」

について統計を取っていた「シジラック」さんのホームページから情報を拝借してお話をしていきたいと思います。

シジラック錠

https://www.kobayashi.co.jp/brand/shijirakku/check/

五十肩に悩んでいる人はどれくらいいるの?

四十肩、五十肩がつらい人:243万人、四十肩、五十肩である人:414万人、40~69才男女:5,175万人多くの40代~60代が四十肩、五十肩に悩まされています。

とても見やすい図になっています。

大体五十肩になる年代(40歳~69歳)の男女の人口がおよそ5175万人。

そのうち、四十肩、五十肩を実際に患っているという方が約8%の414万人いらっしゃいます。

数字に直してみると、なんと約10人に一人に近い割合で四十肩、五十肩になっているんですね!

「ビックリ」の画像検索結果

これは他人ごとではありません。今は大丈夫でも、40歳の方はあと約20年は発症する可能性があるということですから、僕も将来注意しようと思います。(まだ30代ですので)

そしてその中でも

「五十肩がつらい!」

と感じているのが243万人!

5175万人の4.7%ですので、発症するリスクのあり年代の20人に一人は五十肩で苦しんでいるということになります。

しかし、五十肩になっている人でも半分くらいは苦しんでいない、つわものがいらっしゃるんですね!

個人的にはそちらも興味深いです・・・。

「肩 ぶつけた」の画像検索結果

さて、悩んでいる方はどんなことで悩んでいるかというと、図の右側にあるように

・腕が上がらない

・肩のこわばり

・日常生活で発症する痛み

などが多いようです。

五十肩の詳しい症状についてはこちらから参照してください

もはや他人ごとではありませんね!

当院にいらっしゃる五十肩の患者さんも、まさにこんな感じです!

痛そうなんですよ、本当に。僕もたくさんケガなどしてきた人間ですが、五十肩は大の大人が半泣きになってしまうほどの痛み・・・。またこれまでに無い痛みだそうです。

「生唾を飲む」の画像検索結果

・・・ゴクリ。

どれくらいの期間、五十肩で悩まされていますか?

下のデータは五十肩になった時期についての統計です。

四十肩、五十肩になった時期

一応、五十肩は教科書なんかには

発症してから自然治癒まで半年から1年半ほどかかります

ということが書かれています。

「疑問」の画像検索結果

・・・。

・・・いやいや

このデータがどれくらいの方の統計なのかはわかりませんが

発症したのが

2年くらい前 18%

3年くらい前 9%

約3割くらいの方は2年以上お悩みの方がいらっしゃるということがわかります。

少なくとも上のデータでは1年以上悩んでいるという方が70%近くいらっしゃるので、自然に1年以内に良くなるということはなかなかなさそうですよね。

あんなに痛そうなのに・・・

日常生活も苦しそうなのに・・・

ほとんどの方が1年以上苦しめられるなんて、あんまりですね。

「生唾を飲む」の画像検索結果

・・・ゴクリ。(2回目)

まあでも、この統計では

「現時点でどれくらいの期間、五十肩に悩まされていますか?」

といった形なので

「どれくらいで治ったか?」

というデータではないですからね。

・・・ん!?

ってことは!!

「驚く 表情」の画像検索結果

治るまでの期間の統計を取ったらもっとかかるんじゃないか!?

(今度調べてみますね、しばらくお待ちください。)

とにかく、こんな症状で1年以上も悩みたくない!

っていうのが本音かと思います。

「え、たったの1年!?そんなの楽勝よ!」

みたいな方はあまりいないかと思います(-_-;)

一日にどれくらいの頻度で痛みますか?

四十肩、五十肩の痛みの頻度(1週間)

これはね、さすがにほぼ毎日の方が多いのが想像できます。

五十肩というと、自分の方ですから、基本的には毎日お付き合いしていかなくてはいけませんよね。お付き合いしたくありませんが。

あなた「いやー昨日は痛かったの我慢したから、今日は痛まないでよ!」

肩「うーん、仕方ないなー。今回だけだぞ☆」

関連画像

みたいな感じでいければいいんですが、そんなに五十肩は機嫌のいいものではありません。

あなた「いやー昨日は痛かったの我慢したから、今日は痛まないでよ!」

「え!?だってあなたがこれまで散々私をこき使ってきて、ろくに運動もさせないで衰えさせて・・・。挙句の果てに急に負担のかかることなんてするから、炎症が起こってるんじゃないのよ!一体誰のせいだと思ってるのよ!大体あなたは・・・・・・」

関連画像

五十肩さんは大分ヒステリックに痛み出してますからね。

7割くらいの方は毎日痛んでいるということで、なんでかというと上のような感じになるからです。(わかりにくい)

次は一日に痛む頻度です。

毎日痛いのはわかったけど、実際一日にどれくらい痛みが出るの?

っていうと

四十肩、五十肩の痛みの頻度(1日)

「一日一回しか痛まない」

という方は少数派で、わずか2%・・・

それ以外の方は結構頻繁に痛みが出てしまっているといえるのではないでしょうか。

でも特に

7~9回 11%

10回以上 22%

っていうのはホントきつそうでうよね。

「ビックリ」の画像検索結果

下手すると、トイレに行く回数とかよりも

「うぐ!?肩が痛い!」

ってなる回数の方が多いわけじゃないですか。

これはたまらないと思います。

辛さの度合いは?

さてさて、つらい、痛いとはいうものの、主観としてどれくらいつらいですか?

というデータです。

四十肩、五十肩のつらさの度合い

つらい(ややつらい、非常につらいを含む)と答えた方がなんと

98%!!!

中でも非常につらいと答えた方は、何となくどんな状態なのか、当院の患者さんの状態から考察できます。

上にもちらっと書きましたが、大の大人がうめき声をあげるほどの痛み・・・

「生唾を飲む」の画像検索結果

・・・ゴクリ(3回目)

上の統計のデータも併せて読み取ると

「毎日痛むつらい症状が、ほとんどの場合1年以上続く」

のが五十肩のつらさだと思われます。

現状、どのような対策をとっていますか?またその対処の満足度は?

では、五十肩にはどんな対処法があるのでしょうか?

これについてもデータがありましたのでご紹介します。

1ヶ月以内の対処法

ざっと分類すると

・シップ、鎮痛剤などの薬を使っている

・マッサージや温め、運動など、セルフケアをしている

・サプリメントなどを使っている

・どこかの医療機関に通院している

というものがほとんどですね。特に上の2つが多いものです。

やはり苦しいから、何とかしようと思って対処しますよね。普通。

市販の薬やシップを使うという方に至っては、ほぼ100%の数値です。

ですが、実際これで対処法合ってるのかな?

というのが多くの方の悩みでもあるそうです。

やはり痛み止めや塗り薬、シップなんかは根本的な解決にはならないということに薄々お気づきなんですよね。

そもそも

冷やせばいいの?

温めればいいの?

というのすら、よくわからないというのが本音ではないでしょうか?

それについてはこちらのブログを参照してください

そして、いろいろ試してみるものの・・・

今行っている対処法に対しての満足度が下のデータです。

対処法に対する満足度

満足はできていない方がほとんどのようですね。

でも

「どちらともいえない」

という回答が一番多いので、はっきり言えませんが(^-^;

不満な理由は何ですか?

さて、ではなぜ不満を感じているのでしょうか?

不満を抱いている理由

やはり五十肩は自分の体の一部に起きている症状!

だからこそ

「原因から根本的に改善していきたい!」

「もう苦しめられない、健康体になりたい!」

というところから、その場しのぎの痛み止めや、シップではなかなか納得できるような成果が出ていないのではないでしょうか?

確かに、五十肩に限らず腰痛やらなんでもそうですが。

原因が解決しないと、いつまでも苦しめられることになるんですね。

例えるなら

原因を解決しようとせず、その場しのぎの痛み止めなどを使い続けるということは

火事の時に、消火しないで警報機を一生懸命止めている状態

「火事 警報」の画像検索結果

に近いです。

火の元を対処せず、警報機を止めて、音が止まったから解決したと思うことはないですよね?

五十肩も全く同じです。

五十肩の主な症状の原因は

・組織の炎症

・老化による変性

・組織の癒着

・炎症

によって引き起こされます。

五十肩の原因についての記事はこちら

これらを無視した対処法を行っても、健康な日常生活を取り戻すことは難しいでしょう。

ながよし整骨院であなたの五十肩の不安を解消しませんか?

さてここまでたくさんのデータを見て来ましたが、現在40歳~69歳までの方の10人に一人は発症してしまい、その半数がとてもつらい思いをしている五十肩。

 

データにも合った通り、放っておいてもそのほとんどが1年以上。長ければ3年以上悩まされることもあるものです。

 

毎日痛みに悩まされ、根本的な解決の方法や正しい対処法もまだ浸透していません。

 

当院では腰痛、坐骨神経痛の患者さんのほかに、五十肩の患者さんもご紹介で多く来院され、成果を出していただいています。

 

もし本気で五十肩を何とかしたい、根本から解決できるところを探しているという方は、当院に一度ご相談ください。

本気で解決したいという方へ、当院が本気で対応したいと思います。

 

お悩みの方は一度ぜひご相談ください。