TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 膝に水が溜まって痛い!膝痛でお悩みの方②

膝に水が溜まって痛い!膝痛でお悩みの方②

2017.06.08 | Category: 未分類

前回の続きです

 

膝に特に伸ばした、捻ったなどの原因がないにも関わらず水が関節に溜まってしまう場合

 

膝の水を抜いてもまたすぐに溜まってきてしまい、痛みがすぐに再発する例があります

 

ではそもそもなぜ膝に水が溜まってしまうのか

 

関節の中にある水は関節の中で骨と骨を滑らせて、関節の動きをスムーズにすること、そうすることで関節自体を守ることが役割です

 

その水が必要以上に分泌されると関節が腫れあがり

いわゆる水が溜まった状態になります

 

関節の中で何かしら異常があると、関節のすべりが悪い、関節が危険だと判断されもっと滑らせようと水を多く分泌します

 

関節の軟骨がすり減っている場合は骨に直接かかるストレスが大きいため水も出やすくなります

 

しかしそうでなくても水が溜まる場合もあります

 

原理は同じで、何らかの原因で膝がスムーズに動いておらず

 

このままだと関節が危険な状態だと関節のセンサーが判断した場合過剰に水が分泌されます

 

レントゲンやMRIでも確認できない異常のため悩まれる方がとても多いです

 

ではこのような症例にはどのように対処をしたらいいのか

 

次回に続きます