TEL

Blog記事一覧 > 日常,腰痛 > 腰痛は自然に治る? 腰痛と自然治癒力について

腰痛は自然に治る? 腰痛と自然治癒力について

2017.06.09 | Category: 日常,腰痛

腰痛になってしまうと、意外と長引いてしまうこともしばしば・・・

放っておいてもいいのか?

でも、ちょっと不安・・・

今回は腰痛と自然治癒力についてお話をしていきたいと思います。

もともと人間が持っている自然治癒力

人間の回復力についてお話をしていきます。

ベースは当院で行っている体質改善がベースになっているので、回復力を高める方法について、詳しくはコチラを参照してくださいね!

「指を切った」の画像検索結果

ナイフや包丁で指を切ってしまった際、それを放っておくと

血が流れ、血が止まり、組織が修復してきて自然に元に戻ります

 

これは誰が何をしたわけでもなく

自分自身の体が傷を癒してくれたからに他なりません

 

これを「自然治癒力」などとよく言います

実はこれ、切り傷だけではなく、肩こりや腰痛、座骨神経痛でも同じことが言えます

腰痛でも自然治癒力でよくなることがある

例えば

若い方や体力のある方、もしくは子供などが腰痛になってしまった場合

実は放っておいても2−3日で自然に痛みが引いてしまうことがよくあります

当院に来院される患者様でも

「若い頃はぎっくり腰になっても放っておけば勝手に良くなったんだよ」

「若いときは」の画像検索結果

というお話をよく伺います

※ 厳密には 痛みが引いた=治った と考えるのは危険なことが多いのですが

今回は詳しくは述べません

実際全ての腰痛がこのように放っておけば良くなってしまうととても楽ですよね?

しかしそれがなかなか上手くいかないのが辛いところ

なぜ腰痛は放っておいても治らないのか?

以前腰痛の原因のところで

筋肉や関節に過度の負荷がかかり、その積み重ねで腰痛が起こる

というような投稿をしました

 

体の癖でいつも同じところに負荷がかかり、その蓄積で腰が限界を超えてしまい腰痛になるというわけです

 

ここで重要なのは

腰にいつも負担をかけ続け、疲労困憊になってしまっているのですが

実はこの「腰」も負担をかけなければ自然に疲労は抜けていくはずなんです

体には常に重力がかかっています

 

そしてそれに対し体は常に筋肉や関節を使い抵抗して動いているわけです

『負担をかけ続けて疲労が溜まる度合い』

『筋肉や関節が疲労を取り除き回復する度合い』

この2つのバランスが取れていると体に不調は起こらないんですね

これはほとんどの病気にも言えます

腰痛が自然に治らない2つの理由

つまり常に回復力が働いているはずの体が痛くなってしまうということは

単純に2つの原因が元になります

① 全身の自然治癒力が低下している(回復力が低下している)

② 回復力(自然治癒力)が追いつかないくらい体に負荷をかけ続けている

もしくは大きな負荷をかけている

この二つの原因を取り除いてあげると

あとは自然に歯車が回り始めたように驚くほどあっさりと腰痛は良くなります

※ 今回は筋肉や骨格に関してお話をしていきましたので、他に原因のある腰痛に関しては触れていません

その他の腰痛については別の機会に詳しくお話をしていきたいと思います