TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > なんとか腰痛を治したい!腰痛の治療で知っておきたい知識

なんとか腰痛を治したい!腰痛の治療で知っておきたい知識

2017.06.09 | Category: 未分類

腰痛を治すにはどうする?

腰痛を治すためには何をすればいいのか?

テレビやインターネットで多くの情報が流れている昨今、それでも一向に良くならない腰痛をお持ちの方は実はたくさんいらっしゃいます

〇〇をすれば良くなる、△△をすれば治った

このような謳い文句に連れられて幾つか試してみたけど、一向に良くならない

そんな声を当院の患者さんからも、たくさん耳にしてきました

実際、腰痛を治すためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

まず腰痛には様々種類があるということを理解しましょう

そしてその腰痛の原因を突き止めるのが実は腰痛改善のために必要な第一歩です

というのは例えば

車が走らなくなった時、修理をする人はまずその原因を探しますよね?

原因もわからず、とりあえずタイヤ交換やバッテリーを交換をしても本当に良くなるのか?

と言われると、かえって遠回りです

もしかしたらただガソリンが切れているだけかもしれません・・・

どこが悪くて走らないのか?

その原因をしっかりと突き止めてから

クリーニングなのか、交換なのか、それとも別の原因なのか

アプローチをした方が費用も時間もかからずに済みます

腰痛も同じです

どこに原因があるのかそれを突き詰めてこそ、的確な治療ができるようになります

腰痛の原因はどこにあるのか?

腰痛は基本的に「生活習慣病」の一種だと考えています

普段のお仕事や趣味、習い事などによる生活習慣から腰に何かしらのストレスが蓄積して腰痛を発症することが殆どです

腰痛を発症させやすい生活習慣には以下のようなものがあります

①姿勢が悪い

猫背や反り腰などで腰に負担をかけます

また左右のバランスの乱れ、歪みもこれに入ります

②重いものをよく持つ

 お仕事柄重労働であったり、介護など腰に負担のかかる業務の方は腰痛になりやすいです

③運動不足

普段から全く運動する習慣がない方や、筋力不足によって腰に負担がかかり腰痛になってしまうことがあります

④特殊な姿勢の多い仕事

 狭いところでの仕事や、台の高さが合わないなど腰に無理な負担のかかる姿勢を強要される習慣で腰に負担がかかり、腰痛になってしまうことがあります

⑤激しい運動習慣

これはスポーツを激しくする方などで見られ、筋力の有無にかかわらず高度な負荷が腰にかかり続けることで腰痛になってしまうパターンです

⑥食事やお酒など

普段の摂取する栄養や、食事の量、お酒、極端に冷たいものなどを取ることで内臓に負担がかかり、腰痛になってしまうことがあります

腰痛の方はどこに負担をかけているのか?

これも腰痛を治す上で重要な要素となります

どこが悪くなっているのか?

これを突き止めなくてはいけません

①筋肉

②骨や関節(靭帯などの組織)

③内臓

④神経

⑤脳や精神的な原因

ざっと挙げてもこれだけの原因が挙げられます

つまりこの原因それぞれに治療法があります

またこれらの原因は一つの原因だけでなく、複合で起こっていることもあるので注意が必要です

腰痛にはどんな治療法があるのか?

腰痛の原因がわかれば、あとはその原因にあった治療法をしていけば

腰痛を改善できる確率はグンと上がります

①マッサージ

主に筋肉に対してのアプローチです

スポーツの後の疲れをとるなど、筋肉を緩めることで解消できる症状は、マッサージが有効だと考えられます

しかし、慢性的な筋肉の緊張や、関節に異常がある場合は残念ながらマッサージで効果を出せることは少ないでしょう

②ストレッチ

これも主に筋肉ですが、やり方によっては関節やその周りの組織に対してもアプローチできます

関節のゆがみや、多少の筋肉の張りからくる腰痛は改善できることが多いです

様々なストレッチの方法がありますが、当院でオススメしているのは得意下半身のストレッチを入念にやることです

③薬事療法

痛み止めや血液の流れを良くする薬、湿布など、今ある症状に対してその症状をおさめる目的で薬を使うことが多いです

症状があまりにも強い場合や、痛みがある中でもどうしても仕事や家事をしなくてはいけない場合などに有効ですが、根本的な治療にはなかなか行き着かないのが実際です

④ブロック注射

ぎっくり腰など症状が強く、早急に痛みを取り除く目的で行われる治療の一つですが

これも薬事療法と同じく、対症療法になるため根本的な可決になるかと言われると疑問が残ります

しかしながら症状が強く全く動けない場合や、早急に痛みを取りたい位場合は有効なこともあるので、整形外科では急性腰痛の治療として選択されることが多いです

⑤その他

現在では腰痛の原因は、ただ筋肉が悪い、関節が悪いという考えではなく

肉体的な要因と、精神的な要因、両方にあると考えられています

そのため筋肉や関節に対する治療法に合わせて、神経系や精神的な部分にアプローチをかける治療法の重要性もわかってきました

また、生活習慣で悪化してくるのが姿勢や筋肉の硬さだけではなく、内臓の働きや冷え、むくみなども関連してきています

こういったものに対するアプローチも腰痛を治すためには必要になってきています

腰痛を治すために効果的な方法

腰痛を治すために効果的な方法は、原因を突き止めること

というのが結局のところ一番の近道になります

今ある腰痛の症状ではなく

ふだん行なっている日常生活の中に、上記に挙げたような生活習慣と原因がいくつ当てはまるのか?

そしてその当てはまる原因に対して改善をしていけば腰痛は高確率で改善していくでしょう

「腰痛には〇〇」と一つの答えを求めるのもシンプルでいですが、それは原因を無視したかえって効率の悪い解決策かもしれません

まずがご自身の生活習慣で気になるところはなかったでしょうか?

いずれ詳しい腰痛の分類についてはあげていきたいと思っています