TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰の激痛!?激しい腰痛の原因まとめ

腰の激痛!?激しい腰痛の原因まとめ

2017.06.09 | Category: 腰痛

急に激しい痛みが出てきてしまった時(急性腰痛)

何か重いものを持った時

変な姿勢をとった時に急に痛めてしまった時

どのような原因が考えられるのでしょうか?

1、ぎっくり腰

筋肉や関節に対して疲労が蓄積して限界を超えた結果なることが多い

筋肉の過度の疲労や緊張

関節の炎症などが考えられる

〈対処法〉

安静にしていて楽になることもありますが、自己判断は時に危険が伴います

動けないくらい痛い場合は1日から2日ほど安静にし、動けるようになってから専門の医療機関に受診するようにしましょう

当院でもぎっくり腰の治療実績は多く、これまで多くの症状に対し治療を行いました

2、筋・筋膜性腰痛

ぎっくり腰と同様、筋肉の疲労の蓄積で発症することが多い

筋肉の炎症、緊張による痛み

前かがみや座った姿勢から立ち上がる動作の時に痛みが出ることが多い

〈対処法〉

腰の筋肉の安静

筋肉のアイシング、もしくは温める

※温めと冷却はどちらでも同じくらい効果が見込めますが、当院では温めるのを推奨しています

またこのような腰痛は筋肉を緩めるだけでは改善せず全身のバランスを取る必要があります

全身のバランスが改善して初めて腰の筋肉の負担が取れるためです

3、腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間にある椎間板が押しつぶされることによって発症します

場合によってはぎっくり腰のように急激になる事もあります

〈症状〉

急な激しい痛み、腰回りの継続する鈍痛

足のしびれやだるさ(神経症状)

前かがみや足をまっすぐ上げる動作で痛みが強くなる

〈対処法〉

腰に負担をかけすぎた結果引き起こる、仕事をする世代の男性に多く見られます

対処法としては安静ですが、しびれなど腰以外の症状が出ている場合は早く専門家に相談するのが良いでしょう

当院でも腰のヘルニアの専門治療は行っています。寝ているだけで自然に回復することは少ないです

4、内臓系の疾患からくる腰痛

消化器系や泌尿器系でも併発症状として腰痛を感じることがあります

〈症状〉

安静にしていても痛い

歩くだけや、少しの衝撃でも腰に響く

腰以外にも発熱や吐き気など、別の症状が出ている

〈対処法〉

このような腰痛の場合には、マッサージやリハビリなどはかえって逆効果です

怪しいと感じたら病院に行って検査を受けるのが確実です

※体の冷えなどが関連する腰痛も内臓が関与しますが、上記のような激しい症状でなk出れば当院でも十分対処可能です

5、ストレス性の腰痛

現代では徐々に増えてきている腰痛だと言われています

脳の痛みを制御する器官が、ストレスなどにより働かなくなり、持続する痛みを発症するとも言われています

〈症状〉

日によって変わる痛みの強さ、痛み方

ストレスがたまってきた時に痛みが強くなる

検査などを受けても基本的に筋肉や骨には問題が見つからない

痛みが長期間にわたる

リハビリやマッサージなど治療をしても改善が見られない

〈対処法〉

このような腰痛の場合は心療内科などを受診される方もいらっしゃいますが、当院でも対処しています

このような症状に対しては薬事療法などよりも体の根本を正していく「体質改善」療法が効果的です

当院でも多数のか治療実績があります

6、感染性腰痛(化膿性脊椎炎 など)

最近などの感染による腰痛

〈症状〉

腰の激しい痛みの他に、発熱や悪寒を感じる

〈対処法〉

免疫力の低下や細菌の感染から起こる腰痛のため、すぐに病院へ受診されることをお勧めします

以上6パターンの腰痛に対する解説でした

上記の症状はあくまで例です

ご自身での判断より、不安であれば専門家を受診しましょう