TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 季節で変わる腰痛!腰痛と季節の関連について

季節で変わる腰痛!腰痛と季節の関連について

2017.06.09 | Category: 腰痛

腰痛や坐骨神経痛に関して

 

梅雨時になると天気の影響で古傷が痛む

 

といった方も多くいらっしゃいます

 

これらの原因には諸説ありますが、よく言われるものをいくつか挙げていきます

 

 

①気圧による体調の変化

 

地球上は通常1気圧あります(1013.25hPa)

 

この気圧により常に空気圧で体を押さえつけられている状態です

 

この気圧が0になると体は破裂してしまいます

 

つまり雨が降る時期 → 低気圧 となりますので

 

天気がいい日と比較し低気圧の時期はやや体が膨張するといわれています

 

膨張した血管や関節や組織は圧力を失い、中を流れる血液やリンパ液が流れる勢いをなくします

 

このようにして血行不良が起こると痛みが引き起こされたり、だるさが出たりするといわれています

 

 

梅雨時になって特に体がつらいといった症状のある方は是非当院にご相談下さい

しっかりと治療をし、より健康に夏に向けた体作りをサポートさせていただきます