TEL

Blog記事一覧 > 内臓アプローチ,日常,栄養 > 急な腹痛が!胃潰瘍にはこうやって対処がいいかも【横浜市青葉区の整体名人】

急な腹痛が!胃潰瘍にはこうやって対処がいいかも【横浜市青葉区の整体名人】

2017.07.10 | Category: 内臓アプローチ,日常,栄養

胃潰瘍ってどんな病気?

胃潰瘍とは、何らかの原因で胃の中が荒れてしまって、自身の胃液で胃壁を傷つけてしまうことで起こる病気です。40代の男性の方に多く発症し、中には20代から30代の胃潰瘍もあります。

症状も様々な症状が併発することもあり

①胃痛(腹部の上の方の痛み)

「胃が痛い」の画像検索結果

お腹の胃のあたりに鈍痛や焼けるような痛みを感じます。重度のものや、中にはほとんど気づかない程度の軽度の痛みもあるので注意が必要です。

もし上記のような症状を慢性的に感じることがあれば、胃潰瘍かもしれません。

②吐き気

「吐き気」の画像検索結果

胃酸が逆流するような酸っぱいゲップや吐き気をすることがあります。酷くなってくると、食欲不振による体重の減少もあるので注意が必要です。

③吐血

「吐血」の画像検索結果

胃潰瘍が進行し、悪化してしまうと、胃壁を傷つけてしまって出血することがあります。

ここまでの症状が出てしまったら、無理をせず医療機関に相談することをお勧めします。

④うんちが黒くなる

「ダースベーダー」の画像検索結果

弁が黒くなってしまうことがあります。これは胃潰瘍の他に別の疾患も疑いますので、この場合もすぐに専門家の元で診断を受けることをお勧めします。

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因が様々です。何らかの原因で胃液の酸性が強くなってしまったり、胃液が大量に出て制御できなくなってしまうことで起こると言われています。一般的に上げられる原因はかのものになります。

①細菌感染

ヘリコバクターピロリ菌などにより、胃の中が荒れてしまうことで引き起こされます。

②食生活

香辛料などの刺激物をよく摂る方や、食生活の時間、食事の偏りなどがある方はあ胃潰瘍になるリスクが高くなります。また、

③ストレス

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ、結果として胃にダメージを与えることがあります。

④飲酒や喫煙

タバコや飲酒は胃潰瘍の原因となります。胃酸の分泌が活発になり、胃潰瘍になりやすくなってしまいます。

胃潰瘍になったら

1、病院に行く

「病院」の画像検索結果

胃潰瘍ではバリウム検査や胃カメラなどで検査をして初めて診断されます。治療法は主に薬を使った治療法になりますが、重度な時は手術になる時もあります。

 

やはり胃潰瘍など内臓の病気は、目に見えないところで進行したり、症状をきたすこともある疾患です。

 

専門的な知識を持っている専門医のところで検査などを行った上で、適切な対処を行うことがベストな選択であると言えます。

2、自分で対処する方法

とはいえ

病院に行って診断を受けるのは大事ですが、それ以上に普段の生活を見直すのが一番重要です。胃潰瘍は何かしらの原因で胃酸が過剰に分泌されてしまう病気です。胃酸が過剰に分泌する原因をなくしていけば、それだけで改善する例もあるそうです。

①水を飲む

「水 飲む」の画像検索結果

胃潰瘍になる人は慢性的に脱水症状になっている人が多いのです。水分をしっかり取ると、それだけで症状が緩和したり、予防になったりします。

②炭水化物を抜く

「炭水化物」の画像検索結果

炭水化物を摂ると、糖質を消化する唾液がたくさん分泌され、それが胃の中に入ってくると胃酸が中和されます。しかし、その反動で胃酸がたくさん分泌されてしまうのです。

胃潰瘍になってしまったら、炭水化物を抜くと症状が和らぐことがあります。

 

まとめ

胃潰瘍は生活習慣、食習慣によって胃酸が大量に分泌されることで起こってしまいます。胃潰瘍になったら、病院に行って診断を受けるのも大事ですが、そのあとは地震の生活習慣を見直し、水分補給や食事を気をつけるなど、自分のできることから対処していくようにしましょう。