TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 四十肩、五十肩になったらコレだけは知っておきたい基礎知識

四十肩、五十肩になったらコレだけは知っておきたい基礎知識

2017.07.11 | Category: 未分類

今回は当院でも通院の多い「四十肩・五十肩」についてお話をしていきます。

急に方が痛み出したと思ったら、どんどん動きが悪くなってきて、次第に固まってしまう。気がついたら着替えや家事も困難なほど方が固まってしまう。

そんな恐ろしい四十肩・五十肩になってしまう前に、これだけは知っておいてほしい基礎知識です。

四十肩・五十肩ってどんな病気?

四十肩と五十肩は発症するのが40代、50代に多いためそのように言われていますが、専門用語では「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

気が付くと痛みが発生し、ひどいときは何もしなくても、夜寝ていてもズキズキして寝られないなど、強い症状まで悪化することがあります。放っておくと、炎症が治まり、今度は方がカチコチに固まってしまう症状が出ます。腕が上まで挙がらなかったり、時には腕の方まで痛みが出てしまうこともあります。

四十肩・五十肩の原因は?

はっきりした原因はまだ解明されていませんが、40代、50代と筋力と関節組織が弱くが衰えてくるにつれて、関節にかかる負担が大きくなり、何かの拍子に肩の組織が傷ついてしまい、そこから炎症が起きていくと考えられています。

また、過去に肩をケガした経験のある方に多いというのも特徴です。

四十肩・五十肩は良くなるの?

完全に固まってしまい、動かなくなった肩関節周囲炎でも、しっかりと経過を追って治療すれば回復は十分に見込めます。癒着した筋肉を引きはがしていく、固まった関節組織を伸ばしていく、など段階を踏む必要がありますが、しっかりと治療すれば十分に改善の見込める症状です。

お困りの方は一度横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院にご相談下さい。