TEL

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰痛 > 【必見!!】ツライしびれといたみ!脊柱管狭窄症とは?【横浜市青葉区の整体名人】

【必見!!】ツライしびれといたみ!脊柱管狭窄症とは?【横浜市青葉区の整体名人】

2017.07.28 | Category: 坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰痛

脊柱管狭窄症とはどんな病気!?

脊柱管狭窄症という病気を聞いたことがありますか?

60歳以上の高齢者に対して好発する、脊柱の中にある脊柱管と呼ばれるところが変性を起こしてしまうために発症してしまう症状です。

ひどい時は歩くのが困難になったり、慢性的にお尻から足に対してしびれや痛みが走るということが起こります。

今回は脊柱管狭窄症についてお話をしていきますね。

 

 

 

 

ねえねえ、レイ先生

 

 

 

どうしましたか?

きなこさん

 

 

 

おばあちゃんが病院で脊柱管狭窄症って言われたみたいで

レイ先生なら詳しいかなと思って

 

 

おお、やっと僕のことを認めてくれたんですね!

一応、腰は専門でやってますからね!

任せてください!

 

 

 

 

わーすごい!ありがとー

(・・・ちょろいな)

 

 

 

脊柱管狭窄症の症状

「脊柱管狭窄症」の画像検索結果

脊柱管狭窄症にはいくつか特徴的な症状があります。

①間欠性跛行

長時間歩くことができず、だんだんお尻や足が痛くなってきます。座るなどして休むと症状が軽減し、また歩けるようになります。

②足の痛み

脊柱管狭窄症では腰自体の痛みよりも、足に対して痛みが広がることが多くあります。

③足のしびれ

脊柱管狭窄症は神経を圧迫することで起こる症状です。そのため痛みよりもしびれで悩まされる方が多くいます。

 

脊柱管狭窄症の特徴は、体を反ったりすると症状が出ますが、症状があっても前かがみになったり座ったりすると軽減することです。

脊柱管狭窄症の原因と病態

「脊柱管狭窄症」の画像検索結果

脊柱管狭窄症は日常生活で腰に負担をかけ続ける仕事や生活のクセ、加齢による骨の退行性変性によって起こる病気です。変形した骨が脊柱管という、神経を通している管を狭くしてしまい、症状が起こってしまいます。

脊柱管狭窄症の治療方法は?

「注射」の画像検索結果

脊柱管狭窄症で病院などに行くと、次のような治療法を提示されることが多くあります。

①安静

②湿布や痛み止めなどの薬

③コルセット

④ブロック注射

⑤手術

などです。中にはこれらの治療法で改善することもありますが、多くは原因に対してというよりは、ただの対症療法になるためなかなか症状が改善しないのが現実です。

脊柱管狭窄症の治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院でやっている脊柱管狭窄症の治療は、手術を勧められた方や長年症状が改善しなかった方でも、効果を実感していただけることが多く、とても実績のある治療法です!

また、手術などと比較してもリスクも伴わない安全を第一に考え、患者様を治療に依存させない方針をとっています。もし脊柱管狭窄症の治療をお考えなら、横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院にご相談ください。

 

 

 

どうでしたか?

脊柱管狭窄症は治療難民が多く、悩まれている方が多いですが、しっかりと治療をすれば良くなる症状です。

 

 

 

うん、確かにあんまり歩けないって言ってたかも!

レイ先生、ありがとー!

とりあえず前かがみになればいいのよね?

 

 

 

え、そういうもんでは・・・

話聞いてました?