TEL

Blog記事一覧 > スポーツの記事一覧

シンスプリントの治療について

2019.03.11 | Category: スポーツ

シンスプリント

シンスプリントの早期回復と再発防止をご希望の方は横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院までご来院ください

シンスプリントは特に走ることが多いスポーツをしている方に見られる症状ですが、ランニングやスポーツを初めたばかりの頃に起こりやすいため「初心者病」と呼ばれることもあります。シンスプリントはスネの内側に痛みが出ますが、症状のあらわれる部分や程度には個人差があるため、誰にでも同じ施術を行なって改善を目指せるというものではありません。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではお一人おひとりの症状やお身体の状態、根本原因に合わせながら施術を行なっておりますので、どうぞ安心しておまかせください。早期回復と再発防止を目指した施術で、しっかりとサポートいたします。

シンスプリントを引き起こしている原因は様々ですが、練習量が多くオーバーワークにより筋肉が炎症を起こす、筋肉に持久力や柔軟性がない、身体のバランスが崩れている、偏平足などを挙げることができます。横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院ではシンスプリントの回復状況に合わせた施術を行ない、ご自身でも行なっていただけるストレッチやトレーニングなどもご指導いたします。国家資格を取得している専門知識と技術が豊富な施術師が、分かりやすく丁寧にご説明をいたしますので、不明点などございましたらお気軽にお伝えください。

横浜市青葉区・都筑区・緑区のながよし整骨院がご対応するシンスプリントへの施術では、ストレッチやテーピングのほか、正しいシューズ選びについてもアドバイスいたします。また、普段から正しい姿勢や身体の使い方を意識して、痛みや不調の出にくい身体づくりを目指すことも必要なりますので、ご自身でも予防を意識して過ごすようにしてください。

シンスプリントとは?

関連画像

主な症状はスネの内側の痛みです。

人によっては外側に出る人もいますが多くは内側に出ます。

スネの正式な名称は脛骨(ケイコツ)という骨なのです。

簡単にシンスプリントを説明すると脛骨の炎症と考えてください。

それは骨の炎症なんですよ。

それを放っていて大丈夫ですか?もちろん大丈夫ではないですよね!

正しい知識を知っている整骨院、病院で診てもらいましょう。

 

シンスプリントを甘く見るな!!

シンスプリントはかなり厄介です。

症状が軽度のうちは練習中に痛みが徐々になくなる事がよくあります。そのためシンスプリントの症状が出ていても練習ができてしまいます。

あなたは痛いながら練習していませんか?

よく「痛みを我慢して練習をしていればそのうち治る」と言われてしまうのです。

しかしこれは大きな間違えなのです。

指導者に言われてしまうと痛みがあっても我慢して練習してしまいますよね。それを続けていると疲労骨折を起こしてしまいかなりの長期間走る事ができなくなるかもしれませんよ。

 

シンスプリントの正式名称は脛骨過労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)です。

脛骨はスネの内側にある太い骨のことでその脛骨に過労が生じダメージが蓄積して脛骨に痛みが出ます。

もちろん原因が骨だけではなく筋肉にもありますが、骨、筋肉にあるので両方同時に治療を行う必要があります。筋肉だけの治療や骨だけの治療では意味がなく痛みが取れたとしても再発する可能性が高いです。

シンスプリントは下腿(ふくらはぎ)の内側にある脛骨の下1/3に痛みが出るのが特徴です。特に脛骨に沿ってうずくような鈍痛が走ります。これは筋肉が骨に付着するラインに沿って起こっているのです。

多くは下腿内側の痛みが運動開始時に現れて、その後痛みが消えて運動終了後に痛みが再発します。症状が進行すると不快感はだんだん酷くなり、運動している最中も痛みが続くようになってしまいます。最終的には日常生活動作の最中も痛みが伴うようになり朝起床した時にベッドから立ち上がることができないなどの障害が出てしまいます。

 

どのような人がなりやすいの?

フリー 写真ジョギングしている女性

このシンスプリントはランナーの方に多くみられるのですが他のスポーツでもハードなトレーニングを集中して行った時などに頻発します。特に硬いアスファルトの上を繰り返し走りこむ、足を背屈(足首を上にあげる)筋肉を過剰に使い込むなどが原因となります。

それと他によく言われるのがスポーツを始めたばかりの人や筋力が弱い人と言われています。しかし一流のスポーツ選手でもシンスプリントになってしまう人もいるのです。だから単にスポーツの初心者がなるとか筋力の弱い人ではなく、骨格が歪んでしまっている人、筋肉が硬くなっている人に見られる症状です。

 

なぜシンスプリントになるの?

人の足細かな骨が組み合わさって構成されていてそれとそれを補強する筋肉で上からのしかかる体重を支えています。

本来ならば筋肉と骨の組み合わせが共同して上からの力に耐えているのですが、なんらかの理由で「骨の組み合わせ」か「補強している筋肉」が役割を果たせなくなってどちらか一方がそれを補わなければいけなくなります。

足部には縦アーチ(土踏まず)と呼ばれるものがありこれが機能すれば衝撃を吸収してくれるのですが、このアーチが崩れて潰れてしまうと衝撃を吸収する事ができなくなってします。さらに骨の配列が崩れて、足底から関節、下腿の骨や筋肉に大きな負担となってしまいます。いわゆる扁平足といった足の形ですね。

このような状態が長期間続くと筋肉や骨に普段以上の負担がかかり異常を訴え始めます。この異常が痛みとしてスネの内側に現れたりするのです。

やはり筋肉が硬くなってしまうと緊張状態が強く起こり引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起きてしまい痛みが起きます。

 

シンスプリントが完治って?

完治した状態の目安
1、走っても痛みが出ない 2、全力疾走しても痛みが戻らない 3、全力疾走しても恐怖感がない

これを目安にすると良いでしょう。

この状態を出すにはしっかりと痛みの原因を理解して治療を受ける事だと思います。シンスプリントは決して放置、我慢をして治るものではありません。

シンスプリントはスポーツをしていると再発するスポーツ障害です。

 

実は競技を休むことも重要

「休み フリー素材」の画像検索結果

学生のうちは痛みが出ても休む事ができない選手が多いですよね。

それは「休むとレギュラーから外れて試合に出られなくなる」「サボっていると思われる」といった不安がある人が大半ですよね。

しかしその不安を引きずったまま練習を繰り返していると痛みが長引き完治しないまま競技をしなくてはいけません。中途半端な練習は治りを悪くするだけではなく指導者の方の評価も下がります。だからこそ体を休めてまずは治療に専念して競技復帰して最高のパフォーマンスを出したほうがいいと思いませんか?

その為にながよし整骨院があります。

 

ながよし整骨院ではどのような治療をするの?

しっかりとあなたの症状を診断して原因となっている筋肉、骨格を他にはない治療方法で調整していきます。ただのマッサージだけではよくなりません。1日でも早く競技に復帰できるようしっかりとサポートしていきます。

 

シンスプリントのような症状でお悩みの方は今すぐお電話ください。

野球肩の原因!発症するのはどんな時?

2017.10.27 | Category: スポーツ,肩の痛み

 

ながよし整骨院の金子です。

今回は投球時のどの時に肩が痛くなりやすいかをお話ししていきますね。

 

第3章 野球肩の起こるときはどんなとき??

「野球肩」の画像検索結果

野球肩(インピンジメント症候群)が起こってしまうのには、実は法則があります。ピッチング動作を大きく4つに分けましょう。

 

1ワインドアップ期・・・振りかぶる

2コッキング期・・・手がグラブから離れる〜足を降ろす〜腕を後ろに引く

3アクセラレーション期・・・腕を後ろに引いてからボールが手から離れるまで

4フォロースルー期・・・ボールが手から離れた後腕を振り抜く

「野球肩」の画像検索結果

この中の投球動作で最も痛みが出やすいのは「コッキング期後期〜加速期」です。

投球動作のコッキング期とは?

コッキング後期では肩が最大外旋することにより上腕骨頭が前にずれようとするから肩の軟部組織だったり筋肉や関節唇などを痛めてしまいます。

投球動作の加速期とは?

加速期では腕の動きが早いのが特徴で、最大外旋位から急激に内旋、内転させるために筋肉が収縮するので肩が不安定になりインピンジメントを起こしてしまいます。

 

それで起こるのが上腕二頭筋の炎症、肩の腱板の炎症などが起こりやすくなってしまうのです。

この時に肩関節が最大外旋(可動域の限界の所)となってそこから一気に投球方向に加速していくため肩関節だけではなく肘関節にも外反ストレスがかかり肘も痛めてしまうこともあります。

「野球肩」の画像検索結果

他の投球動作時に怪我をしないわけではありませんが、最も多いのが本日書いた動作で起こるので正しいフォームを身に付けましょう。

野球肩によるインピンジメント症候群なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ

痛みが出てしまっている人は早めに治療しないと症状が長引いて思う存分野球ができませんよ。いつでもご相談お待ちしております。野球肩の治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院にお任せください。

【横浜市青葉区の整体名人】できる人は事前に備える!アキレス腱炎を予防する3つの対策

2017.09.01 | Category: スポーツ,足の痛み

久しぶりにブログを書こうと思います。

毎日楽しみにしていた甲子園も終わり楽しみが一つ減ってしまいました!!

何を楽しみにしていこうか考え中です(笑)

なにかおすすめがあれば教えてください!

 

 

今日はアキレス腱炎原因・予防を書いてみます。

アキレス腱炎の原因とその予防策とは?

「アキレス腱炎」の画像検索結果

以前書いたブログです

アキレス腱炎とは?

アキレス腱炎の治療を公開

(さらに…)

ながよし整骨院で行う肉離れの治療法の流れを紹介

2017.08.18 | Category: スポーツ,足の痛み

ながよし整骨院で行う、肉離れの治療法

甲子園もベスト16が出揃いましたね!

今回の大会は各地域バランスよく勝ち上がっていますね。

どこの高校が優勝するのか毎日気になってしまいます(笑)

 

前に書いた肉離れの記事です

肉離れにストレッチは危険!?肉離れとはなにか?

 

今回のブログはながよし整骨院での肉離れの治療についてを書いていきます

当院で肉離れ治療の流れ

「肉離れ 治療」の画像検索結果

①問診(いつ、どこで、何をした時、前にも肉離れをしたか?など)

この問診で治療方針などが変わってきますのでより詳しくお伺いします

②アイシング(必要性があればします。肉離れをしてすぐで熱感がある場合)「肉離れ アイシング」の画像検索結果

時間が経ってしまっているものはアイシングをすると逆に治りが遅くなってしまうこともあります。

③肉離れを起こしている箇所を直接触るのではなくまずは周りの筋肉を緩めます

(肉離れを起こしている筋肉はお互いに離れてしまい固まってしまいます)

④切れてボサボサになっている筋繊維を整える

(切れてしまった筋肉は綺麗に整っているのではなくボサボサになってしまっているので綺麗に整えてから筋肉をくっつけます)

⑤超音波治療「超音波」の画像検索結果

(超音波治療は非常に高速で細かな振動を与え筋肉のこわばりを和らげる効果があります。同時に超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます)

⑥テーピング固定

(上記の治療を施した後、患部をテーピングで固定して患部が再び離れてしまうのを防ぎます)

 

このような流れで当院では治療していきます。

症状によって治療方法、流れなどは変わる場合がございます。

 

肉離れの治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

「肉離れ テーピング」の画像検索結果

ながよし整骨院では、これまでプロのアスリート、日本代表クラスのアスリート、学生スポーツ選手、一般の方まで幅広くスポーツ障害のサポートをさせていただいております。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

あなたの足の痛みはどこから!?シンスプリントの原因とは!

2017.08.13 | Category: スポーツ,足の痛み

 

シンスプリントについて以前書きましたが、ながよし整骨院ではどのような治療をしているかを書いていきますね!!

 

 

スポーツ中の足の痛み!シンスプリントの原因とは!?

「シンスプリント」の画像検索結果

シンスプリントは骨の組み合わせ、補強している筋肉が役割を果たせなくなってどちらかがそれを補わなければいけなくなってしまいます。

 

ながよし整骨院でのシンスプリントのチェック項目

ながよし整骨院ではどのようなチェックをしているのかを御紹介していきます。

・下腿の筋肉の硬さをチェック

「シンスプリント」の画像検索結果

腓腹筋、ヒラメ筋、前脛骨筋、後脛骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋など様々な筋肉の硬さをチェックします。

・足のアーチ(土踏まずの高さ)をチェック

「シンスプリント」の画像検索結果

アーチが崩れてしまうと下からの衝撃をうまく分散することができなくなるため下腿への負担が増えます。

・重心のチェック

「シンスプリント 重心」の画像検索結果

重心が正しい位置にないと筋肉や関節に負担がかかってしまいます。

重心に歪みがある場合は、骨盤の歪みや背骨が硬くなっていることが多いので全身の治療が必要になります。

 

自分では気づかない意外なところにシンスプリントの原因はあります

「シンスプリント 重心」の画像検索結果

実際当院にシンスプリントで来院された患者さんで上記のチェックをしたところすべての項目に当てはまる患者さんが多いです。

意外と重心のチェックをされたことがないと言われることも多くあります。

シンスプリントだからと言って、下腿だけマッサージ治療していても良くならず悩みが深くなってしまう方が多いと思います。

シンスプリントの治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

ながよし整骨院ではあなたのシンスプリントの原因をしっかりと見つけて解決しますよ!!

当院はスポーツ障害に対する専門治療も行っています。プロのトップアスリートから、日本代表クラスの選手、学生アスリートまで幅広くサポートさせて頂いております。

足の痛み、シンスプリントの症状でお困りなら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へご相談下さい!

野球選手必見!!野球肘の原因と種類 続き

2017.08.11 | Category: スポーツ

甲子園も熱い試合が繰り広げられえていますね!

僕も負けずにブログを更新しようと思います。

では第5章の続きを書いていきますね。

第5章では肘関節の内側型投球障害を書いたので残りですね。

では早速書いていきます

 

第6章 野球肘の原因と分類 続き

前回に引き続き、野球肘の種類について解説をしていきたいと思います。

2、外側型投球障害肘

「外側型投球障害肘」の画像検索結果

外側型は投球のコッキング後期から加速期にかけて腕橈関節(肘の外側)に対して圧迫する力が加わり、上腕骨小頭に繰り返しぶつかることで障害が起こります。

腕橈関節に繰り返し刺激を与えると、軟骨などが壊死となり上腕骨小頭離断性骨軟骨炎となってしまう場合があります。これになってしまうと治癒するのに3〜6ヶ月かかり成長線が閉じてしまっている場合は手術となります。

 

3、後方型投球障害肘 衝突型、牽引型

後方型には二種類のパターンがあります。

衝突型

「野球肘 衝突型」の画像検索結果

ボールをリリースした時に腕の動きが急に減速することによって肘に伸展力がかかることで肘頭と肘頭窩で衝突が起こり障害を起こします。

症状があるのに放置していると疲労骨折や関節ネズミなどになってしまいますよ。

疲労骨折をしてしまうと治るまで3ヶ月以上かかることになるでしょう。

 

牽引型

「野球肘 衝突型」の画像検索結果

リリース時に上腕三頭筋に過度な収縮が起こり発症します。

牽引型は最初の方は肘の後ろに張る感じが出ることが多いです。

張り感を無視して練習を続けていると骨端線が離開してしまうと閉じることができなくなり手術が必要になります。

 

後方型の特徴として肘関節の伸展制限がある場合が大きので痛みのない方の肘と比べて見てください!

野球肘の治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

少しでも肘に違和感を感じたら自己判断せずに早急にながよし整骨院にお問い合わせください。

ながよし整骨院では、これまでプロのアスリートから、日本代表選手クラスのアスリート、学生スポーツ選手まで幅広くスポーツ障害のサポートをさせていただいております。

お困りのさいはお気軽にご相談ください。

 

野球選手なら知っておきたい!野球肘の種類と原因!

2017.08.10 | Category: スポーツ

昨日は午前診療だったので午後から母校の練習試合を見に行って来ました!

懐かしい高校のグラウンドで野球をしている後輩たちに元気をもらって帰って来ました。初心を忘れずに今日も頑張ります!!

でもブログは何をかいたら良いか思い浮かびません(汗)

どうしよう…。

野球での障害についてまた書くことにします。

前回第4章なのに第3章と書いてしまい第3章が二回続いてしまいまいした。

なので今日は第5章ですね。

 

第5章 野球肘とは?

「野球肘」の画像検索結果

過度に投球をしたり、身体機能が完全にできていない状態で投球してしまい肘に負担のかかる投球フォームにより起こる肘関節の障害のことを言います。

なりやすい年齢は10歳から16歳頃と言われています。

野球肘が起こる場所で3つに分類されます。

1、内側型

2、外側型

3、後方型

の3つです。

 

自分の肘をチェックしてみよう!野球肘の判断法!

「肘 外反角」の画像検索結果

肘関節は通常男性で10°女性で15°の肘角と呼ばれる外反角があるのです。

自分の肘関節はどうなっていますか?

肘角が増えていると肘の内側側副靱帯が損傷している可能性がありますよ。

 

1, 内側型投球障害肘

「内側型投球障害肘」の画像検索結果

内側型障害では肘関節の内側側副靱帯損傷や上腕骨内側上顆炎が主な原因です。

内側上顆炎は内側上顆に着く筋肉が炎症を起こしている状態です。

この時手関節の手のひらの方に倒す時に痛みが出ます。

投球動作の加速期にはボールと肩関節の間にある肘関節には強い外反力が生じるので損傷されやすいです!!

 

 

 

まだ野球肘には種類があるのですが今日はここまでにします。

また続きをいつか書きますね。

油断禁物!!足首の捻挫と症状別対処法!!

2017.08.09 | Category: スポーツ,足の痛み

いよいよ甲子園が開幕しましたね!

これから毎日応援に忙しくなりそうです(笑)

出場校の選手の皆さん頑張ってください!

 

今日はなぜか急に足関節(足首)捻挫について書いてみたくなったので書きます。

特に患者さんで来たとか、自分がなったとかではないのになんで書きたくなったのかな(笑)

 

足首は油断禁物!!足関節捻挫とは?

「捻挫」の画像検索結果足関節捻挫とは、足関節を捻り動かせる範囲を超えてしまい足関節の周りの靭帯を痛めてしまう事です。

主症状は腫れ、熱感(熱い)、疼痛(痛い)

捻挫の種類は内反捻挫、外反捻挫の2種類で内反捻挫が特に多く起こります。捻挫を経験した事あるの方の大半は内反捻挫だと思います。

足関節捻挫の分類がある

「捻挫」の画像検索結果

捻挫でも軽度〜重度と症状によって分けられます。

・グレード1(軽度損傷)

足関節の靭帯に圧痛があるが歩いたり運動したり日常生活には支障がない

・グレード2(中程度損傷)

足関節が著しく腫れて、歩いたり、関節を動かすと痛みがあり日常生活に支障が出ている。自分で動かしたり、人が動かすことが出来るが非常に強い痛みがある。

・グレード3(重度損傷)

足関節が著しく腫れて、歩いたり、関節を動かすことがほとんどできない。

自分で動かしたり、人が動かすことが痛みが非常に強く困難。

また人が動かした時にいつも以上に動きが出てしまうことがある。

グレード3の場合は靭帯の完全断裂、足関節の亜脱臼、腓骨外果剥離骨折などの損傷が見られる

足関節捻挫にはRICEを!

「捻挫」の画像検索結果

捻挫してしまったらまずRICEをしましょう。

R rest  安静

I icing. 冷やす

C compression  圧迫

E elevation  挙上

この4つをすぐに行ってください。初期治療が今後の治療に左右されて来ます。

上記のように捻挫には軽度なものから重度なものまであるので、自己判断では症状の回復が遅くなってしまう場合もあります。

足首の捻挫の治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院では、スポーツの怪我の治療も行っています。ただ怪我をした部分が良くなればいいというものではなく、しかりとパフォーマンスが向上し、いち早くベストな状態で現場復帰できるようサポートしていきます。

お困りの方は一度ながよし整骨院までご相談ください!

 

【横浜市青葉区の整体名人】放っておくのは危険!?脛の内側の痛みシンスプリントとは!?

2017.08.08 | Category: スポーツ,足の痛み

こんにちは、ながよし整骨院の金子です。

本当なら今日から甲子園が開幕予定でしたが台風の影響で開幕がずれましたね!

早く始まらないかとワクワクしています。

今日はシンスプリントについて書いてみようと思います。

 

スネの内側の痛みが出たら危険!シンスプリントとは!?

「シンスプリント」の画像検索結果

シンスプリントって聞いたことありますか?

簡単に話すとスネの内側や外側に痛みが出てしまうことを言います。

主な症状はスネの内側に痛みが出ます。

シンスプリントの正式名称は脛骨過労性骨膜炎と言います。

あまり馴染みはないですよね!シンスプリントの方がよく使います。

シンスプリントは甘く見てはいけない!!

「シンスプリント」の画像検索結果

シンスプリントの初期症状が軽度のうちは練習や運動などはできてしまうことが多いのです。最初のうち痛いけどやっているうちに痛くなくなるから大丈夫は大間違いです!このような状態を続けているとそのうち疲労骨折になってしまい長期間練習や運動を制限されてしまいますよ。

シンスプリントの初期症状、本当にそのままいいのですか?

「シンスプリント」の画像検索結果

痛みを我慢して満足できるプレーができないまま続けますか?そのままだと長期間の離脱を余儀なくされてしまいますよ?

早めの治療がプレーの向上につながります。

少しでも痛い、違和感を感じたらすぐに診てもらいましょう!

シンスプリントの治療なら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

 

もし「シンスプリントかな?」

と思ったら、横浜市青葉区藤が丘にある、安心のながよし整骨院にお電話ください。お待ちしております!!

 

 

その足首から踵の痛み!アキレス腱炎かも!?

2017.08.04 | Category: スポーツ,足の痛み

 

今回はアキレス腱炎について書いてみようと思います。

気が向いたら読んで見てください!!

 

 

足首の後ろが痛くなる!アキレス腱炎とは?

「アキレス腱炎」の画像検索結果

アィレス腱に起きた炎症のことです。言葉そのままですね!!

特にふくらはぎがかかとに着くところから2cm〜6cm位の場所が腫れていたり押されて痛かったりします。

アキレス腱は腓腹筋とヒラメ筋が合わさりアキレス腱を作ります。

ふくらはぎの筋肉がアキレス腱を引っ張ることで痛みを誘発します。

アキレス腱炎の原因はなに?

「アキレス腱炎」の画像検索結果

原因は加齢による腱の変性がベースにあり中高年のランナーやウォーキングをしている方に多く発症すると言われています。

最近は健康ブームにより若い人のランナーやウォーキングをする人が増えているので若い人のアキレス腱炎も増加していますよ。

もちろん使い過ぎ(オーバーユース)が原因で過度に運動をしている方に発症しやすいです。トレーニング方法も間違っている場合も発症してしまうこともあります。

これらの原因から考えられるのは、使い過ぎによりふくらはぎの筋肉が硬くなってしまい柔軟性を失ってしまっている事で、アキレス腱にかなりの負荷がかかっていることが考えられます。

アキレス腱炎の予防には運動前のストレッチを!

「アキレス腱 ストレッチ」の画像検索結果

アキレス腱炎を予防するには、走る前に運動前にしっかりと準備運動をして怪我しないようにしましょう。

後は筋肉の80%は水でできていると言われているので普段から水を飲むことで慢性的に硬くなる筋肉を防ぐことができますよ。

アキレス腱炎でお悩みなら横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へ!

夏になり、外に出てランニングやウォーキング、スポーツをして体を動かしたくなる季節になりましたね!

こんな時期こそ足首に負担をかけすぎてアキレス腱炎になるのをしっかりと予防しましょう。もし足首の後ろが痛いなーと思ったらそれはアキレス腱炎の可能性があります。

もしもアキレス腱炎のような症状があり困っていたらすぐに横浜市青葉区藤が丘のながよし整骨院へご相談下さい!